イギリスのIT機器メーカーが英国最大のビットコインマイニングファームを計画

英国のIT機器メーカーが英国最大のビットコインマイニングファームを計画

報道によると、イギリスの高性能IT機器メーカー「Bladetec」はイギリス内の3ヶ所に1千万ポンド(1,390万米ドル)のビットコインマイニングファームを建設する計画があることがわかった。

英国の主要日刊紙The Telegraphによると、Bladetecは300~500平方フィート(約25~46.5平方メートル)のビットコインマイニング施設を建設するために投資家から1千万ポンドの資金を調達する考えだ。The Third Bladetec Bitcoin Mining Company Ltd’ (TBBMC)として運営されるこの施設は、ロンドン、サフォーク、サリーの3か所に建設される。Bladetecは、同社が金融行為規制機構(FCA)の規制を受ける企業の中で、資本調達パートナーEnvestryを介した投資によって資金を調達するヨーロッパで最初のビットコインマイニングファームだと主張している。

Bladetec社のウェブサイトで明らかにされた詳細情報によると、Bladetecは1株あたり1.00ポンドで株式を販売し、投資家一人あたりの最小投資額を5,000ポンドに設定している。この資金はマイニング用ハードウェアの購入、電気代、土地代、および管理費用の支払いにあてられる。Bladetecは、このマイニングファームは100%株主によって所有されると付け加えた。

Bladetecは、より安価な電力のために風力発電企業との取引をしたと主張している。費用の大部分をこの電気代が占める。Envestryの情報によると、TBBMCが購入する電力はおよそ1,000台のASIC(特定用途向け集積回路)マイニング装置に利用され、毎秒43テラハッシュで稼働するとのことだ。

投資家に対する発表をまとめた資料には、「このマイニング設備の処理能力は合計するとペタハッシュレベルになり、世界全体でも重要な意味を持つ割合を占めるだろう。」そして「マイニングによる収益はオフラインのウォレットと貸金庫に安全に保管される。」と書かれている。
(ペタの大きさ順番・・キロ→メガ→ギガ→テラ→「ペタ」→エクサ)

TBBMCの3人の管理者の1人でありCFOを務めるDeclan Kennedy氏は、「私たちは株主の収益を最大化することに全力を注いでいる。そのために比較的変動の大きなビットコインの性質を理解しようと努めている。私たちが描く4つの異なる成長シナリオの中では、最大で年間45%の資本増を見込んでいる。」と説明した。

同社は2~3年のうちに採掘したビットコインとマイニング設備を売却し、それによって株主にポンドでの配当を行い、ビットコインのマイニングから撤退する考えだ。これは、「実証された出口戦略」として宣伝されており、ビットコイン価格が予測よりも上がらなかった場合もしくは予想よりも上がった場合でも投資家からマイニング継続の許可を得られなかった場合のシナリオとして実施される。

参考:CCN

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。