ビットコインマガジンにてカルダノが掲載

miyatake氏より

Goodbye Bugs? How Formal Verification Could Fortify Smart Contracts
にて、カルダノの事が掲載されていました。

抜粋を転載します。

「バグよさらば?」正式な検証がスマートコントラクトを強化する。

CardanoはHaskellで書かれているので、プロトコルの変更は正式に検証するのが簡単です。
(Cardanoを支える次世代のコンセンサスアルゴリズムであるOuroboros Praosの正式な仕様は、既にすでに発表されています)
Cardanoのスマートコントラクト言語PlutusはHaskellをベースにしています。


Source: 非公式エイダコイン情報メモ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。