ビットコイン(BTC)相場の急落から利益を得る4つの基本的戦略!

1 

戦略①:急落銘柄を買う

価格の下落を恐れる必要はありません。重要なことは、感情をコントロールして、最適なトレードを行うことです。急落銘柄を買うことは、暗号通貨取引で利益を上げる、最短の道です。

ピンチはチャンスだと思ってください。もし、急落銘柄を買うことに抵抗がある場合は、コイン積立のドルコスト平均法のように、相場の値動きにかかわらず、一定額で購入を続けるサービスなどを利用する方法もあります。それにより、リスクを分散させることができます。

戦略②:有望なアルトコインを探す

ビットコインは最も有名な暗号通貨です。当然、取引量も世界第一位の座に居座り続けています。一方、ビットコイン以外の通貨、つまりアルトコインに投資することによって、利益を得ることができます。

アルトコインはまだまだ成長の余地があり、価格を大きく上昇させる可能性も高いです。そのため、巨額なリターンを求める投資家にとって、アルトコインは魅力的な投資対象です。ある時点において、人気のある通貨であっても、新しく誕生したアルトコインの機能性の方が高ければ、ユーザを引きつけ、価格上昇に繋がります。

有望なアルトコインを見定めることは容易な作業ではありませんが、コインの仕組みや技術、チームについて分析することで、値動きを予想することができます。

戦略③:HODL

HODLという用語をご存知でしょうか?これは、ビットコイントークの投稿で「HOLD」という英単語を「HODL」とタイプミスしたことに端を発しています。HODLの意味は「所有通貨の価格が下がっても、それを所有し続ける」ことです。これが最も簡単な、投資戦略でしょう。

暗号通貨の価格が下落したとしても、常にアクションをとる必要性はありません。なぜなら、価格が再び上昇する可能性もあるからです。特に、時価総額の高いコインをHODLし続けることは、投資として安全な戦略だといえます。

戦略④:ショート(空売り)

これは他の戦略よりは少し厄介かもしれません。多くのトレーダーはしばしばこの方法を用います。その最大の魅力は、価格下落時にも利益を上げることができる点です。

ショート(空売り)というワードに馴染みがない方もいると思いますので、簡単に説明します。通常の取引(ロングといいます)では、暗号通貨を買ってから売ることにより売却益を上げています。

一方ショート(空売り)では、その手順が逆です。つまり、暗号通貨を売ってから、購入して、さらに再度それを購入することにより利益を受け取ります。ショート(空売り)に対応している取引所も多いですので、興味がある方は挑戦してみても良いかもしれませんね。

必ずしも悲観主義でいる必要はない

この記事では、暗号通貨の相場が下落している時にも利益を上げることができる4つの戦略について説明しました。それぞれの戦略は、シンプルでわかりやすく、試してみる価値がありそうです。

冷え切った市場に必ずしも悲観主義でいる必要はありません。感情をコントロールして、正しい立ち回りをすれば、究極的には相場がどのような局面であろうと、利益を得ることができます。ぜひ、本記事を参考にしてみてください。

参考資料:https://coinchoice.net/btc-market-4-basic-strategy/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。