POA Network(ポア ネットワーク)

f:id:Zbaron:20180408082241j:plain
POA Network
通貨表記:POA
発行量上限:2.5億
承認方式:PoA

まず、イルミナティの象徴のようなトライアングルに目玉のマークにまず惹かれる人が多いでしょう(w)
もともとはORACLES NETWORKというプロジェクト名だったようです。

f:id:Zbaron:20180408082412j:plain

POANetworkの名前になっているProof Of Authority(権威による証明)proof Of WorK(PoW)Proof Of Stake(PoS)とは異なる承認方式です。

簡単に説明すると身分証明がされた特定に人物(バリデーター)によりブロックの証明を実行してもらう方式となります。
POAには、12人のバリデーターが存在します。
彼ら(バリデーター)がマスターノードのような役割となり、それぞれのブロックの取引内容を承認することで不正がない

f:id:Zbaron:20180408185703j:plain

ただしPOAは、ある意味中央集権的なネットワークともいえるため、パブリックネットワークより、プライベートネットワークに適している仕組みではないかとも言われている所以です。

これまでは、プライベートネットワークでのみ利用可能だったスピード、セキュリティ、コスト効率を兼ね備えたPoAコンセンサスに基づいたの仕組みを、パブリックネットワークで利用できるような分散型ハブになることがPOANetworkの目的ということです。
POAコンセンサスで、イーサリアムやNEO、EOSなどの競合するプラットフォームと同等のことができるのがPOAの強みかもしれません。

 

POAには、既に起動可能なDApps(分散型アプリケーション)が存在しています。
機能別に4分類のDAppsが紹介されていました。
※DAppsを利用するためには、イーサリアムWalletであるMETAMASKアカウントが必要みたいです。

(1)POAネットワークを動かすためのDApps
セレモニーとガバナンスを利用して独自のバリデーターを使用して独自POAネットワークを構築することができます。

f:id:Zbaron:20180408191913j:plain

 

・マネージドDApps  
 統計やブロックチェーンの取引履歴、蛇口などのアプリ。

f:id:Zbaron:20180408192039j:plain

ICOを準備するためのDaaps

f:id:Zbaron:20180408192026j:plain

Token Wizard DAPPは、分散型のオープンソースで、Ethereumベースのネットワーク上でトークンやクラウドセールキャンぺーンを作成するツールです。
 以下のように5つのプロセスを実行して、トークン発行とICOによる資金調達を可能にしてくれます。

f:id:Zbaron:20180408082500j:plain

 

 アイデンティティDApps
 これらはまだ開発中のようですね。

f:id:Zbaron:20180408191931j:plain

 

Proof Of Authority(権威による証明)による承認の仕組みの有利性がよく理解していないのですが、この12人のバリデーターによって支配されているネットワークだったら嫌ですね(笑)
身元証明されているので、そんな不利な行為はしないとは思いますけど・・・。
 POAを利用したICOでも独自バリデーターで独自ネットワーク構築できるので、あなたの支配圏ができるので面白いプロジェクトと思います。

 

 POANetwork公式サイト

f:id:Zbaron:20180408082345j:plain

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

 

//
Source: 快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。