リップルがブロックチェーンベンチャーファンドに約26億円分のXRPを投資

リップル社のニュースといえば、主要国の銀行や中央銀行でのリップル社システムの導入決定などのインフラ系のニュースが多いですが、今回4月11日に発表されたのは「ベンチャーのファンドに投資した」というニュースでした。

さて、いつもとは違う今回のリップルの動きは一体何を意図しているのか、そしてその先に何があるのかを検証していきましょう。

リップルが投資したのは老舗ブロックチェーン投資のベンチャーキャピタル

今回、リップル社は直接ベンチャー企業に投資したのではなく、ベンチャー企業や起業しようとしている人に投資をする「ベンチャーキャピタル」と言うジャンルの投資会社が設立した「ファンド」へ出資しました。

リップル社が出資したのは「ブロックチェーン・パラレルIV・LPベンチャー・ファンド」と言う1億5000万ドルの資金を持つファンドです。

このファンドを運営しているのは、ブロックチェーン技術での投資では古株の「ブロックチェーンキャピタル」です。

今回のリップル社の投資は「XRPレジャーやインターレジャープロトコルの新しいユースケースを試験すること」やスタートアップ企業の支援、ブロックチェーン技術の発展のために使われるとのことです。ブロックチェーンキャピタルは、早くからブロックチェーン技術に目をつけて数々の企業に出資しています。

ブロックチェーンキャピタルの共同創業者は「ブロックチェーン技術、分散型台帳の技術は医療や身分証明の分野など、多くの分野において恩恵をもたらす」と述べています。

早い段階から、ブロックチェーン技術に着目して支援を続けてきた彼の発言には、重みがありますね。

しかも、このニュースの凄いところは「XRP」で投資をしたということ。アメリカでは、ドルではなく仮想通貨で投資するファンドが存在するのです。その中でXRPでの投資が認められているということは、XRP自体の価値が、アメリカでは評価されているということですよね。

XRPを握りしめている皆さんにとっては、大きな心の支えになるのではないでしょうか。

リップル社は今後も投資を進める「これが最初で最後ではない」

リップル社の今回の動きは単発的なものではなく、継続的に続けられることをリップルの成長戦力担当役員の「パトリック・グリフィン氏」が話しています。

「今回のファンドは私たちが最初に投資したファンドですが、これが最後にはなりません。ブロックチェーンと仮想通貨の世界において、私たちは次世代を担うメインプレイヤーになります」つまり、今回の投資に続き、ブロックチェーン技術等の革新のために積極的に投資活動も行って行くということですね。

リップル社の投資活動スターに、リップラー歓喜

これまで、リップルといえば、リップル社のプロダクトの採用ニュースが多かったですが、今回は投資分野のニュース。XRPの価値を早くから見出しているリップラーたちはこのニュースにどう反応したんでしょうか。

先日発表された「Apple PayでリップルのAPIが採用されるかも」というニュースの影響もあり、XRP価格は上昇を見せました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

長らく低迷を続けていたXRPが急上昇したのでホルダーは大喜びです。また、冷静に今回のニュースを分析している方もちらほら。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

リップルにとっては、今回のニュースは、すぐに価格に影響を与えるものではありませんが、リップル社とXRPの価値が改めて認識される、喜ばしいニュースという捉え方が多数です。

まとめ

これまで様々なサプライズニュースが飛び出してたリップルですが、今度は投資方面にも手を伸ばし、さらなる飛躍が期待できそうですね。リップル社の技術、XRPの潜在能力、そして仮想通貨への投資のジャンルで、リップル社が世界の決済の革新を牽引するようになることは間違いないと思います。

Source: 仮想通貨JAPAN

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。