今年、台湾の政府は暗号通貨規制を導入する計画その内容とは!

台湾政府は、日本や韓国のような近隣諸国の動きに引き続き、今年後半に新たな暗号通貨規制を展開する予定である。

台湾の司法長官、チウタサン氏は、4月20日金曜日のマネーロンダリング防止会議(AML)でアジアタイムズによると、11月まで暗号輸送の規制枠組みを策定し実施すると述べた  。 今後の規制の第一の目標は、暗号化された通貨がマネーロンダリングの手段にならないようにすることです。

この発表は、台湾金融サービス連合(FSC)が今週開催した金融業界のマネーロンダリング会議で発表された。Chiu Tai-sanは、cryptocurrenciesを支配し、規制する関連する規制メカニズムと法律は、内務省、中央銀行、調査局との協議を経て、FSCによって設定されると述べた。今月初め、政府の法務部門は、より良い情報を得るための試みとして、空間内の操作について知らせるために、2つの暗号化交換を尋ねた。

FSCのウェリントン・クー会長は、クリプトカルトの現在の問題は、誰がそれを購入したのか(cryptocurrencies)、誰に売却したのかを明確にしていないことだと語った。それは、昨年末、クー氏は国が中国の足跡やクリプトカルトを完全に禁じていないと議会に話した。

このように、規制されていない性質のために、暗号化市場とそのマネーロンダリング活動のための使用については依然として懸念があります。

FSCは、AMLプログラムの一環として、銀行に対し、暗号トレーディングプラットフォームのアカウントを「ハイリスクアカウント」としてリストアップさせるよう求めている。これは、これらのマークされた勘定を通じた取引が特定の基準を上回った場合、銀行は規制当局に通知し、潜在的なマネーロンダリングの機会を根絶するという目標を詳しく検討しなければならないことを意味する。

暗号化:アジア

アジアの国々は、クリプトカルトを受け入れているか、強硬なアプローチを取っているらしい。台湾は依然として比較的中立であり、日本香港、シンガポールはブロックチェーンと暗号侵害産業の拠点となっています。反対側には、中国やインド、タイなど、取引禁止や為替やICOの弾圧を見た国もある。

検討する価値があるのは、貿易業者や企業が中国のデジタル通貨への重い取り組みのために中国を去ったときに、台湾に移住した可能性が高いということです。投資家が本土の摘発を回避する方法を模索しているため、台湾が中国の暗号基金を保有している可能性も高い。北京の暗号空間に対する最近の動きでは、  ピアツーピア取引は現在、同国の当局によって干渉されている。

参考URL:https://www.newsbtc.com/2018/04/26/taiwans-government-plans-to-implement-cryptocurrency-regulation-this-year/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。