Waves 嘘の情報を一網打尽!

ユーザーが独自のカスタム暗号トークンを起動できるオープンソースのブロックチェーンプラットフォームであるWavesは、英国に登録されているWaves法人の清算に関する評判の低い情報源によって流布されている誤った噂や偽のニュースに正式に対処しました。

根拠のない多くの報告とは異なり、Wavesプラットフォームは現在のところ危険ではありません。

同社のブログの公式声明よると Waves Platformは完全に活動しており、プロジェクトの破産に関する情報はすべて間違っている。さらに、同社は投資家の利益を追求して真実かつ透明性を維持しており、現在行われている措置は「ビジネス倫理およびすべての初期契約に完全準拠」である。

このプロジェクトは、現在のところ、Wavesの全体的なパフォーマンスを向上させるために合理化されています。

問題の英国登録団体は、プロジェクトの初期段階で活動的であったと伝えられており、主にプロジェクトのマーケティングとプロモーションの目的で使用されていました。このエンティティは、もはやWavesのビジネスモデルに適合しなくなり、会社の社内または財務上の問題を代表するものではありません。Explaves Wavesの創始者Alexander Ivanov:

Waves UK社は、プラットフォーム開発の初期段階で純粋に運用会社として活躍していました。数か月前、スイスはヨーロッパのブロックチェーンの新興企業にとって主要な拠点であるため、スイスに本社を置くことが発表されました。取締役会の公式発表とスイスでの打ち上げは、6月末に予定されています。私たちは決して英国を含む他のヨーロッパ諸国での活動を中止していません。それとは逆に、私たちは7月中旬にロンドン事務所を立ち上げる予定です。

Waves Platform AGは、本社を昨年12月にスイスの有名な暗号化に優しい国に移転しました。

多くの機会主義的な報告とは対照的に、Wavesは、英国に登録されたエンティティの登録を、暗号性の弱い国ではなく単に更新しないことを選んだだけです。Wavesチームは次のように説明しました。

管轄権の変更は、プロジェクトが取引相手との関係を強化し、新しい市場に拡大することを可能にする。スイスでの会社立ち上げの公式発表と諮問委員会メンバーの名前は、2018年6月末に予定されています。

Wavesのチームは、英国登録団体の更新の失敗は、実際にはプラットフォームのユーザーと投資家の利益のためだとも指摘しています。同社は述べた:

合理化は、あらゆる国際企業の標準的な手続きです。スイスの管轄区域に移動する波は、投資家とユーザーの利益のためにのみ行われ、潜在的な脅威とはなりません。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/06/01/334395/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。