Qtumのお話をしましょう。

私たちが週末に入ると、暗号市場は横ばいになっています。いずれの方向にも勢いはなく、市場は今のところ約3,300億ドルの市場で安定している。Bitcoinは過去3〜4日間でほとんどやっていないし、$ 7,500レベルの周りに浮いています。テクニカルアナリストは、BTCが7,600ドルで大きな抵抗レベルに近づくにつれてブレークアウトを予測しています。エテリアムは小幅の利益を上げているが、着実に上方に向かっており、現在580ドル前後で取引されている。altcoinの残りの部分はもう一度混じりますが、大部分は緑色ですが、ごくわずかです。Iotaは昨日からの強気な動きを広げたが、今朝の動きはQtumだ。

Coinmarketcapによると、Qtumは今朝アジアで9%高い取引をしています。14.56ドルでの取引Qtumは昨日の今回の13.30ドルから上昇しており、現時点では最高のパフォーマンスを達成しているAltcoinの1つです。過去7日間、先週末の13.22ドルから10%の上昇となった。しかし、Qtumは5月初めに22ドルをわずかに上回って34%落ちた。Bitcoinに対して、これは昨日の177600 satから194300 satoshisまでの日に9%上昇しています。BTCの週間利益は、先週の土曜日の今回と同じレベルから9%似ています。月にQtumはBitcoinに対して、先月242000のSatoshisから20%落ちた。

Qtumの創設者、Patrick Daiは、暗号解読とそのチームの今後の計画を発表しています。ツイッターでよりアクティブになることは、特定のaltcoinsに興味を再燃させる可能性があり、Qtumはそれらの1つと思われます。

we will push Qtum once again to massive adoption.. earlier, because the regulation risk in china, we slow down the marketing plan since December of 2017, then we focused on development work since the beginning of 2018, but we realized we still need more efforts on marketing.

彼は、業界最高の技術を構築しているとは言い続けましたが、それを正しくマーケティングして伝達することはできませんでした。この焦点の変更は、Qtumを現在の勢いを増している脚光に戻すでしょう。

Qtumは、総量の約35%を占めるほとんど知られていない中国の交換機LBankで主に取引されています。韓国人はまた、BithumbとUpbitがそれぞれウォンで大きなシェアを取って、過去24時間にQtumを大量に取引してきた。過去1日の貿易量は1億2,000万ドルから1億6,200万ドルに増加しており、時価総額は現在、このアルトコインを19 位に位置づけたわずか13億ドルに過ぎない。

総暗号市場時価総額は過去24時間で横ばいであり、現在3330億ドルである。これは先週末の火曜日の暴落前のこの時点でのものと同じレベルで、わずか3,000億ドルを超えています。他のアルトコインはいずれの方向にもあまり動いて​​いないが、イオタはまだノルウェー銀行の協力の翌日に11%増の好調を維持している。OmiseGOは上位25位で3位、上位5位では5%、Bitsharesは6.3%増です。

Qtumに関する詳細はこちらをご覧くださいhttps ://qtum.org/ 

FOMO Momentsは、アジアの取引セッションで上位25のaltcoinsを毎日見て、最高のパフォーマンスを分析して傾向と可能なファンダメンタルズを探しているセクションです。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/06/02/asian-cryptocurrency-trading-update-qtum-rising-on-founders-future-focus/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。