Electrify.Asia(ELEC)は来日時に…

1 

CEO、設立者、Julius Tanは、最近の日本旅行の際に党から積極的なフィードバックを受けたことを誇りに思って、プロジェクトを盛り上げるためのチームを誇りに思い、正しい道にあります。

彼はつぶやきました: ” 出来事起こすためのTeam @ ElectrifyAsiaの誇りこのJP旅行中に様々な関係者から肯定的なフィードバックを受けました。正しい軌道に乗っていると確信している!Go $ elec $ omg」と表示されます。

Tokyo Electric Power Holdings(TEPCO)のようなパートナーに、最新のElectrifyプロジェクトの開発を紹介するために日本を訪問したCEOは、賞賛を授与されました。

2018年4月頃、東京電力ホールディングス(東京電力)と電化アジアが提携し、「ゴアラットの親友」と呼べるものであった。

日本最大の電力会社である東京電力と世界第4位は、シンガポールのP2Pエネルギー取引プラットフォームSynergyのコンセプト実証(POC)を共同開発し、電化アジアとの覚書を締結しました。後で予想されるのは、日本市場におけるSynergyのアーキテクチャの実装です。

今回のパートナーシップは、日本市場でプレゼンスを確立しようという意欲をアジアに引き継ぐために役立っています。現在、同社は有利な結果を実現するために一歩近づいています。

東南アジアに拠点を置くElectrify.Asiaは、同地域の最初の電力市場とみなされています。同社は2017年3月、電力業界の2人の専門家、Martin Lim、Julius Tanによって設立されました。

しかし、電化されたアジアはP2Pエネルギー取引空間の中で最も早いのではないが、世界の多くの国では、メイングリッドを横断して拡張可能なP2Pエネルギー取引のための作業フレームワークを開発している。

企業や家庭の消費者は、インターネット契約や電子商取引の優れた透明性と巧妙な使用により、電力契約を比較し、選択し、取引することをより迅速に、より安く、より簡単に行うことができます。

2017年後半から開発されてきた「Electrify Asia PowerPod」について語ると、この機器は、エネルギー生産者と消費者の両方から大量のデータを報告し、収集する安定した制御可能なコンジットを具体化しています。これは、さまざまなプロトコルを通じてスマートメーターからデータを取得できます。これとは別に、温度や湿度のようなさまざまなセンサーの入力オプションを備えた未来の準備も整っています。実際、PowerPodはあらゆるセンサーのハブになることができます。 

参考資料:https://oracletimes.com/electrify-asia-elec-receives-accolades-during-his-visit-to-japan/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。