マイニング、日本国内でも収益化できる

日本国内でのマイニングは、とにかく電気代が高いゆえに収益化するのは難しいとされてきました。

日本の大手企業で言えば、昨日、新しいASICの発表をおこなったGMOグループは北欧でマイニングを行なっており、その他海外のマイニングファームも中国から撤退後は北欧をはじめ別の、涼しくて電気代が安い土地を捜し求めています。

しかし日本国内でも収益化できるマイニングファームが存在するといいます。

株式会社デジタルアセッツトレーディング(DAT)は、世界最高峰のマイニング効率を出すSKYHASH Labo(エストニア)のノウハウを生かした日本国内における事業者向けマイニングコンサルティングの受け付けを開始を発表しました。
 

国内でも収益化できる

DATでは現在、約2,000枚のグラフィックボードが稼働、時価総額第2位のイーサリアムをマイニング、国内運用実績はすでに1年以上あり、すでに電気代の高い日本で収益を上げることができるノウハウを蓄積しているそうです。

さらに、2MVA規模(グラフィックボード16,000枚相当)で第2ファームの設営も進んでおり、ファーム全体で約700GH/S(ETH)のハッシュレート保有を目指しているとしています。

GPUマイニングはチューニングによって大きく収益が変わります。私たちの独自にチューニングされた1リグの採掘能力は240mh/s 1100w という世界最高峰の採掘能力を出しSKYHASH Labo独自のマイニング管理ネットワークシステム「SKY-NET」により一元管理されています。

DATはこのように発表しています。
 

完全水冷式マイニングリグ

また、DATは独自開発を行い”完全水冷型”マイニングリグ「SKY-240/320/370」の設計が完了し、自社ファームへの導入を開始。GPUを水冷化することで冷却設備の省電力化を可能にし、排熱の問題なども解決しているそうです。

「自社でのファーム運営の経験を活かし、どのようなロケーションでも安定したマイニング運営をご提案いたします。」としています。

なお、本件に関するお問い合わせは
株式会社デジタルアセッツトレーディング
E-mail : info@dat-japan.info
電話番号:050-5806-3303
問合せ時間:12:00~18:00(土日祝除く)
 

Source: TradeBitLab

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。