2018年、ビットコイン価格はどうなる?仮想通貨相場の注目ポイントまとめ。

スクリーンショット 2017 12 16 10 03 07

相場を読み解く上でのポイントを解説してみます!

2018年の注目ポイントは?

2017年はご存知のとおり仮想通貨元年。

おそらく国内で200〜300万人ほどのユーザーが仮想通貨口座を開き、ビットコインを始めとする仮想通貨を手に入れたと思われます。

価格は圧倒的な上昇を見せ、「億り人」も続出しています。今や、20代で億単位の資産を持っている人は珍しくありません。すばらしいことですね!

さて、2018年はどんな相場になるでしょう?ポイントをまとめてみます。

実用化、実用化、実用化!

これあんまり理解されてないんですが、2017年時点で、仮想通貨とブロックチェーンは「実用化前」なんです

言ってみれば「これからこんなもの作りますよ〜!」というレベル。

にも関わらず、投機マネーが殺到しているあたり、実に資本主義的なわけです。

ビットコインだって、送金という観点でいえばまったく実用的じゃないわけですよ

記事執筆時点で、送金手数料は0.001BTC、つまり2,000円w 20,000円送金したら18,000円に目減りするとか頭おかしいですね。

スクリーンショット 2017 12 16 8 59 02

現時点ではどの銘柄も「実用化前」なので、「実用的か否か」は銘柄の論点になりえませんでした

が!

さすがに2018年は実用化に近づき、実際にぼくらの社会でブロックチェーンや仮想通貨が使われるようになるわけですよ!

そうなってくると、当然ながら実用性が高い銘柄に投資マネーが集まると思うんですよね。

夢ばかり語って何も生み出さないベンチャー企業に、出資したくないじゃないですか。今が異常な状況なので、来年は相当なレベルの淘汰が進むと思います。

ぼくが注目している範囲で実用化に近づく銘柄としては、

  • なんといってもイーサリアム!
  • 続いてNEM(&mijin)!
  • WAVESにも期待!

という感じですかね。あくまで現段階での話ですが……。

イーサリアムは特に注目株で、2018年はぼくらが普通に楽しめる、普通に利用できる「dApps」が複数登場するはずです

最初のうちは利用料金は割高かもしれませんし、使い勝手も完璧ではないかもしれませんが、それなりに使えるものが出てくるはず。

スケーラビリティの問題が徐々に解決されていけば、それらの課題も気にならなくなっていきます。

また、NEMも注目株。

関連記事:「リップルよりもNEMが熱い!」と思う理由を語ろうじゃないか。

すでにそうなりつつありますが、民間のコミュニティから多数のアプリケーションが登場してくるでしょう。

その中には普及を促進させるようなキラーアプリも出てくるかもしれません。

NEMの関連プロダクト「mijin」は、B2B市場におけるブロックチェーンの導入を促進させることでしょう。

テックビューロがブイブイ状態なんで、「日本市場はmijin一択」みたいになっていきそうな勢いがあります。

WAVESにも注目しています。

関連記事:ブロックチェーンインフラ「WAVES」が面白い!イケハヤ、資産の一部を振り分けました。

こちらはイーサリアム、NEMと同様に、トークンエコノミーの発展を大きく加速させる銘柄になりえます。

来年はいろいろアップデートを控えているようなので、動向に注目です。

2017年は「実用性も実現性もへったくれもない銘柄に多額の投機マネーが集まる異常な相場」だったと振り返ることができます。

来年はさすがにこんなに甘い状況は続かないでしょう。

投資サイドからも「それほんとに使われるの?プロダクトはできてるの?資金管理はどうなってるの?」という目線が当たり前に投げかけられるようになります。健全なことですね。

DEX(分散型取引所)とトークンエコノミーの台頭。

徐々に見えてきていますが、来年はDEXがより実用的になっていくでしょうね。

DEXは従来の仮想通貨取引所と違い、「ウォレットとウォレットを直接つなぎ、ユーザー同士で売買する取引所」……だと思っておけばいいでしょう。

DEXが台頭することで、世界中の人々と自由にコインやトークンを売買できるようになるのです。本人確認等も不要。セキュリティ面も安心感が強い。

流動性や手数料、使い勝手にやや難がありますが、2018年はここらへんがかなり解決されてくるでしょう。上級者はDEXを使うようになるはず。

何より、DEXが普及すると「自分が作ったトークンを上場させる」ことが気軽にできるようになります。

実はWAVESプラットフォーム上には、すでに「イケハヤトークン」が上場しています。使い道のないゴミトークンなので、誰も売買してませんけどねw

関連記事:WAVESで超簡単ICOをやってみた!分散型取引所(DEX)への上場もできちゃうよ。

トークン発行やトークンを使った決済が容易になり、しかもDEXへの上場までサクッとできるようになると、トークンエコノミーは大きく花開く可能性があります

法規制が絡んでくる話でもありますが、合法的にトークンを発行・売買できる方法は十分に残されています。これから制度を作っていくフェーズともいえますね。

2018年は「トークン発行からのDEX上場」というパスが整う一年になるでしょう。イーサリアム、NEM、WAVESあたりが関連銘柄となります。注目!

スケーラビリティと流動性の改善。

仮想通貨を取り巻く大きな課題が、スケーラビリティと流動性の問題

スケーラビリティの問題というのは、ざっくりいえば「ビットコインは手数料が高いし送金が遅い」という話です。イーサリアムも最近遅くなってますね。

ユーザーが増えすぎて処理が追いつかない……というイメージです。

これに関しては、Lightning Network(ビットコイン)、Plasma/Raiden/Sharding(イーサリアム)などなど、天才たちが問題解決に向けて技術開発中です。実用化まではもう少し時間がかかるでしょうけれど、長い目で見れば解決されていく話だと見ています。

もひとつは、流動性の問題。

マニアックなトークンなんかだと「売りたい人はたくさんいるけど、買いたい人が少ない」みたいな話になりがちなんですよね。その逆も然り。

つーか、そもそもトークンの売買とか面倒すぎるわけです。Cindicatorとか使ってみたいけど「5,000CND買わないと使えません」とかゲンナリするじゃないですか。

関連記事:【仮想通貨】ワンチャン系銘柄「CND(Cindicator)」について調べたよ。

トークンやコインを、シームレスに適正なレートで交換できる市場と技術」が発展してくれば、この種の問題は解決されます。

関連技術としては、DEX、Bancor、Atomic Swap、各種クロスチェーン系のプロジェクトに期待ですね。

Atomic Swapに関してはニュースも増えてきて、大きく躍進するんじゃないかな〜。ワクワクです。

さらなる資金流入。

各国の法規制、ルール作りが整い、仮想通貨市場に流れ込む資金はさらに増加するでしょう

記事執筆時点で、仮想通貨市場は約55兆円。

スクリーンショット 2017 12 16 10 04 09

来年には……この10倍になっても別に驚きはないんじゃないですかね。市場規模という観点でいえば。

ビットコイン価格が10倍になるということじゃないですよ。あくまで仮想通貨全体で、10倍という話です。そのくらい伸びしろは余裕であると思っています。

仮想通貨はデジタルゴールドではなく、インターネットのようなインフラなんです。

なので、ネットワーク効果が発揮されて、ユーザーが増えれば増えるほど便利になっていく。仮想通貨を金融商品だと思っている人は、そこを見逃してますね。

同時並行で、ETFの上場など、金融商品としての側面も強化されていくでしょう。機関投資家の大口マネーが入ってくると、さらに市場は活性化されるでしょう。

詐欺、ハッキング、仕手の増加。

資金流入が増えると同時に、悪人たちも躍進することでしょう。

特に危険なのは、ハッキングの問題。これ来年はかなり騒ぎになりそう……。

スマホをカフェで置き忘れて1億円分のBTC盗まれた」とか起こっても不思議じゃないですからねぇ。

詐欺も巧妙化していくでしょう。個人的には草コインのpump & dumpが危険じゃないかな〜と思ってます。これ儲かるはずなんで……。

関連記事:ICO詐欺の次は「草コインの風説の流布(pump&dump)」が悪人の手法になる。

仮想通貨は法的に規制がないようなものなので、詐欺かどうかの分水嶺が微妙すぎます。

悪気がなくても「資金集めたけど失敗しました……」というケースもありえますから。

某ADAコインのように、詐欺的な方法(マルチレベルマーケティング)で販売されて、今値段がついているものもありますしね。ホルダーは儲かっているわけで、あれが詐欺かどうかは、誰にも判断できません。

ぼく自身も詐欺コイン掴む可能性があるんで、そこら辺は割り引いてどうぞ……みなさんもご注意ください。

資本主義の衆愚化。

少し大きなレイヤーでいえば、世界中のあふれる投機マネーが、人間の愚かさに乗って流れ込んでくる……という懸念もあります。

人間って愚かだし、お金も余っているんです。宝くじ感覚で仮想通貨を買う人が増えたら……なかなか悲惨なことになりそうですね

「イナゴ買いからの狼狽売り」コンボが世界中で炸裂し、仮想通貨のボラティリティはさらに高まり、暴落と暴騰を繰り返し、四半期ペースでバブル形成&崩壊……ということになるんじゃないかと。

ビットコインはすでにそうなってますがw 半端ないボラティリティ。

スクリーンショット 2017 12 16 10 35 32

資本主義の衆愚化はもう覆すことのできない流れなので、受け入れるしかないのでしょう。

ブラック・スワンはもう珍しくなくなります。波に敏感に反応するフットワークの軽さが求められるでしょうね。

で、儲かるの?

とまぁ、いろいろ書きましたが……大半の読者が気になるのは「仮想通貨に投資すれば儲かるのかどうか」。

こればかりは予測ですが、普通に儲かると思いますよ。

だからこそ、ぼくも1,000万以上突っ込んでるわけですし。説得力あるでしょうw

来年も個人として500万以上追加購入予定。妻にもZaifでイーサリアム積み立ててもらおうと思ってます。税務的に問題なければ、法人の方でも2,000万以上買うかも。これで損したら笑ってくださいw

特にビットコインやイーサリアムのような主要銘柄は、まだまだ上がるでしょう

そうですね……ビットコインは1年後に500万超えてると思いますよ

もちろん根拠はないですけどねw 信じちゃだめですよw 1年後に振り返るのが楽しみです!

イーサリアムは金融商品化(先物、ETF)されそうなので、だいぶ伸びるんじゃないかなー。1ETH=50万円くらいになっても驚きはありません

というわけで、これから買う方は、BTCとETHを積立投資スタイルで買っておけばそんなに外さないと思いますよ。もちろん余剰資金で。

じわじわ積み立てつつ勉強を深めて、他の銘柄も探してみましょう。

関連記事:【実績公開】初心者には「ビットコイン積立投資」がおすすめです。

その他のマイナー銘柄に関しては、正直まったく読めません。なので、資金の大半をマイナーコインに投資するのは危険です。

2018年になって彗星のように登場する銘柄もあるでしょうし、草コインはあくまで余剰資金中の余剰資金で買いましょう!

関連記事:「草コイン投資」をする上での絶対的な注意点。

まだまだ仮想通貨市場は黎明期。現時点で仮想通貨を持っている人は、アーリーアダプターもいいところですよ。

これから買う方は、以下のまとめをどうぞ〜!

関連記事:【初心者向け】100万円から始めよう。20代〜30代からの資産運用。


Source: まだ仮想通貨持ってないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。