ビットコインキャッシュ(BCH)とは?今後の将来性と価格予想、仮想通貨取引所について

2017年8月1日ビットコイン(Bitcoin)が分裂してビットコインキャッシュ(仮想通貨名:BCH)が誕生しました。

ビットコインキャッシュは、現在世界で主要な通貨の一つとして今後の将来性が期待されている仮想通貨と言われています。

仮想通貨の神様と言われている、あの「ロジャーバー」氏もビットコインキャッシュはこれから重要な通貨になると発言をしています。

そしてビットコインキャッシュは持つべきなのか?価値があるものなのか? 

この記事では、ビットコインキャッシュの特徴と今後の価格予想。そして取引ができるオススメの取引所(販売所)についてご説明します。

ビットコインキャッシュはどうやって発生したの?

ビットコインキャッシュが誕生した理由は、2017年にビットコインの取引量は現在上限に達しており、送金スピードの遅れが出ている状況となっていました。 

そのような状況ではお店でビットコインを支払うなどの、通貨の決済手段としては致命的な状況といえ、ビットコインの取引上限の1MB(1つの取引上限)を拡張(スケーリング)するために、ハードフォークという分裂を行いました。

ビットコインキャッシュのハードフォーク


ビットコインが分裂した時は同数のビットコインキャッシュが割り当てれると言われています。*BCHはビットコインキャッシュの通貨単位です。

現在ほとんどの国内取引所がビットコインキャッシュの取り扱いをしており、恒久(永遠に価値がある)のものと判断しました。

 

ビットコインキャッシュの特徴

https://files.coinmarketcap.com/static/widget/currency.js

 

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂してできましたが、決してビットコインのコピーではなく、オリジナルを上回る特徴を備えています。

  • 取引量を1MBから8MBに拡張される。
  • レプレイアタックなどのハッカーからの攻撃に対する防御。
  • トレザー(USD型ウォレット)などのハードウォレットのセキュリティの向上。

などオリジナルのビットコインに負けない取引の特徴を持つ通貨と言えます。

ビットコインキャッシュリリース時の状況

 

ビットコインキャッシュはリリース約6万円で取引をされていました。そして当時は約1兆円の取引がされ、誕生後「時価評価額3位」となりました。

ビットコインキャッシュのチャートはこちら

ビットコインを8月1日の分裂前に持っていた人は

つまり8月1日の分裂前にビットコインを持っている人はすでに説明したように同数のビットコインキャッシュをもらえることになります。

例えば10BTC(約300万円)を8月1日前に持っていたとすると分裂後は

10BTC(300万円)+10BCH(60万円分)=360万円

つまり60万円をただでもらえたことになるのです。

ビットコイン キャッシュはなぜ期待されているのか

仮想通貨の神様ロジャーバーが注目

https://platform.twitter.com/widgets.js

このように、世界的に仮想通貨で有名なロジャーバー氏はビットコインキャッシュに注目しています。

その理由として、

👉ビットコインより高速の取引が可能

👉マイニングの報酬が良いため、取引する人、マイニングする人双方に利益がある。

ということが挙げられます。

ビットコインキャッシュはマインングで注目されている。

仮想通貨は、プルーフオブワークという仕組みを取り入れており、コインを送金するときに、取引を承認するマイニングをする人(マイナー)が報酬をもらえる仕組みとなっています。

これが成り立つため仮想通貨は存在しています。ビットコインはマイニングされ尽くしているため、報酬が減ってきており、その次に注目されている通貨がビットコインなのです。

今後ビットコインキャッシュはまだ誕生して新しい通貨のため、言語取引されていけば、ビットコイン以上に価格が高騰する可能性があると言われています。

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

SBIがビットコインキャッシュに注目している。

https://platform.twitter.com/widgets.js

SBIバーチャル・カレンシーズが取り扱う通貨については、ビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュなどを想定しているという。北尾氏はとくに僕は、ビットコイン・キャッシュに力を入れたいビットコインは83%、84%、マイニング(採掘)され尽くしている。決済通貨としてもしんどい。値段も高くなりすぎている。ビットコイン・キャッシュは決済通貨として、リップルは送金通貨としていけると思う。匿名通貨は一切やらない」と話している。ービジネスインサイダー

リップルを重要な通貨として考えているSBIですが、北尾社長はビットコインキャッシュに力を入れたいと発言をしています。

今後ビットコイン キャッシュの価格が上がればその傾向もさらに高くなることから、マイニングをする人(マイナー)から大きな支持を受けているのです。

SBIのビットコインキャッシュについての取引については「SBIバーチャルカレンシーズが注目するビットコインキャッシュ(BCH)について」の記事を参考にしてください。

ビットコインキャッシュの価格について

https://s3.tradingview.com/tv.js

new TradingView.MediumWidget(
{
“container_id”: “tv-medium-widget”,
“symbols”: [
[
“bch”,
“KRAKEN:BCHUSD|1y”
]
],
“greyText”: “株価情報元”,
“gridLineColor”: “#e9e9ea”,
“fontColor”: “#83888D”,
“underLineColor”: “#dbeffb”,
“trendLineColor”: “#4bafe9”,
“width”: “1000px”,
“height”: “400px”,
“locale”: “ja”
}
);


ビットコインキャッシュの1年間のチャートなります。(ドル表示、最新チャート)

ビットコインキャッシュの価格については、

「60000円(2017年8月)」→「400000円(2017年12月)」→「100000円(2018年6月)」

という風に推移をしています。

ビットコインキャッシュの価格予想は

ビットコインキャッシュについての価格予想は、2017年11月に、株式予想サービスStandpoint Research社の創設者であるロニー・モアス氏が、2018年中に154万円に到達するとしている。

出典:bitcoincash prediction 2018

2017年末には40万円に到達したことから、今後の40万円の高値更新が意識されています。

ビットコインキャッシュのが取引できる取引所

ビットコインキャッシュが取引できる取引所は以下の通りです。*名称をクリックすると公式サイトに飛びます。

以上ビットコインキャッシュはほとんどの取引所で購入できるのが特徴となります。

オススメの取引所について

ビットコインキャッシュを取引するオススメの取引所については、

セキュリティーでオススメ→「ビットフライヤー

手数料が安くてオススメ→「ザイフ」「ビットバンクCC

となります。

ビットコインキャッシュのオススメの取引所と通貨の買い方については、「ビットコインキャッシュ (BCH)の購入方法(買い方)について〜おすすめ取引所と販売所」を参考にしてください。

ビットコインキャッシュ の購入方法(買い方)について〜初心者におすすめ取引所と販売所

今後のビットコインキャッシュについて

ビットコインキャッシュが誕生したときに、多くの人は、ビットコインが分裂した際に「ビットコインキャッシュは価値が有るのか?」と言われていました。

すでに説明したように取引量が従来の1MBから8倍の8倍に拡張され取引が向上しています。

ビットコイン キャッシュについてはマイニングの観点から将来的に支持される可能性もあります。

やはりビットコインキャッシュが取引拡大するということではビットコインと同じように支払いに使われていく可能性が高いと言われています。

ビットコイン から分裂したビットコインキャッシュですが、大手の仮想通貨を取り扱うヘッジファンドもビットコイン、イーサリアムと共にビットコインキャッシュを投資通貨として採用しており、今後の動向に目が離せないと言えます。

ビットコインキャッシュやその他の通貨については『有料メルマガ🔗』で具体的な私の投資と市場分析を行っていますし、『無料メルマガ🔗』でも仮想通貨を基礎から学べるように配信をしています。

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。