ライトコインの買い方、購入方法と単位を解説〜おすすめの取引所を比較

仮想通貨ライトコイン(Litecoin 通貨単位:LTC)は、今や世界中で主要に取引されている通貨の一つとなっています。

「ライトコインはどの取引所で売買できますか?」「手数料が安い取引所はどこですか?」「実際の買い方の画面を見たい。」

などを含めて本記事では、ライトコインの買い方について、おすすめしたい取引所をご紹介して行きます。

ライトコインの概要と取引単位

ライトコインは時価評価額6位の通貨となっており、仮想通貨の中でも以前から主要な通貨となっています。

上の画像の時点(2018年7月)では、5200億円の取引がされている状況です。

ライトコインはビットコインの改良版として送金スピードや取引量がアップしており、より実用的な通貨として考えられています。

今では仮想通貨を運用するヘッジファンドもライトコインをポートフォリオに加えてりします。

ライトコインの単位はLTC、日本円でいえば円にあたり、数百円くらいから購入が可能。ビットコインの価格が9000円だから9000万円から買えるというわけではなく、もっと小さな金額でも購入が可能です。

仮想通貨が最低いくらから買えるのかは、「仮想通貨はいくらから投資可能?〜少額投資について」を参考にしてください。

ライトコイン取り扱いの取引所

ライトコインは国内では以下の取引所で買うことが可能です。

*名称をクリックすると公式サイトに飛びます。

以上ビットコインはほとんどの取引所で購入できるのが特徴となります。

ライトコインの購入方法は上の図のようになります。

ライトコインオススメの取引所について

国内大手のビットフライヤー

国内大手仮想通貨取引所ビットフライヤーは、セキュリティー評価世界第一位を獲得したことがあり、ビットコインでの取引高も日本では一番となっています。

ビットフライヤーでのライトコインの売買は「販売所」形式となって通貨の価格が少し割高ですが、安心して預けたいユーザーが多く利用しています。

セキュリティについては、「ビットフライヤーがセキュリティ1位の評価を獲得」の記事を参考にしてください。

ビットフライヤーがセキュリティ評価で世界第一位を獲得!!

*2018年6月末時点で新規口座開設者を制限しています。再開は7月中旬の予定。

購入のしやすさは、GMOコイン

GMOコインは、売買画面が見やすく購入しやすいといった特徴があり初心者をはじめとして人気があります。

 

手数料の安さで選ぶならビットバンクCC

 

取引手数料の安さで言えば、「ビットトレード 」がオススメです。

取引所 コインの価格
ビットフライヤー 9469円
GMOコイン 9410円
ビットトレード 9016円

ビットトレード の通貨の価格が安いため、安さで選ぶならオススメの取引所といえます。

「取引所形式」なので、通貨を買うときにGMOコインと違って少し画面が見づらいですが、取引板での売買ができる人はお得な取引所となっています。

ビットフライヤーでのライトコインの買い方について

 

 

ビットフライヤーで買う方法についてご説明します。

ビットフライヤーのメニューから「アルトコイン販売所」を選択し、「ライトコインのタブ」をクリックします。

その後購入価格を確認して、買いたい「数量」を入力して最後に「コインを買う」をクリックします。

 

ビットフライヤーの特徴は下記の記事を参考にしてください。

 

GMOコインでのライトコインの買い方

GMOコインのトップ画面のメニュー(左側)の「仮想通貨現物売買」をクリックします。

ライトコインLTC」をクリックして、「購入価格」を確認します。 「取引数量」を入力し、最後に「購入」ボタンを押してライトコインを買うことができます。

GMOコインではとても簡単にライトコインが買うことができます。

 

ビットフライヤーの特徴は下記の記事を参考にしてください。

ビットトレード でのライトコインの買い方

ビットトレード でのライトコインの買い方についてご説明します。

ビットトレードのサイトの左上にあるタブから「LTC/BTC」をクリックしてチャートを表示させます。

次に画面右側にある注文欄からライトコインを購入します。

買い」のタブをクリックし、「価格(買いたい価格)」「数量(買いたい量)」を入力して最後に「注文」ボタンで購入することが可能です。

「価格」は、左にある「売買注文」の売り板の価格を確認し、注文が出ている価格で買いたい価格を指定します。

ライトコインはビットコインでしか買えないため、日本円でビットコインを買った後に、ビットコインでライトコインを買うという流れになります。

 

 

ビットコインの保管について

ハードウォレット「レジャーナノS」

仮想通貨の保管でまとまった仮想通貨を保管するものとして、「レジャーナノS 」が世界的に有名なウォレットとして知られています。

ライトコインなどの通貨は、取引所において行くだけでなく、「保管場所を分散させること」がセキュリティ的に重要と言われています。

まとまった資産で取引をしなく持っておくものについては、レジャーナノSのようなウォレットに保管することがオススメです。

👉レジャーナノSではオフライン状況で保管できるため、ハッキングされる可能性が低い

👉日本では公式代理店があるため、公式代理店を通じて購入可能。

レジャーナノSの詳細については「公式レジャーナノSの購入方法と使い方について〜評判でおすすめのコールドウォレット」の記事を参考にしてください。

まとめ

以上ライトコインの取引方法を解説しました。

ライトコインは今後支払い通貨としても、期待されている通貨になります。

取引のポイントとしては、

ビットトレードではライトコインはビットコインでの取引になるため、シンプルに買いたい人は、ビットフライヤー もしくはGMOコインもオススメ

 

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。