海外で話題に…Bitflyerがや●ざと知られてる方々に…

1 

仮想通貨取引では、預金と引き出しがマネーロンダリングの主要段階と言われています。金融庁によると、同社はユーザーの身元を確認するのを怠ったため、反社会的勢力や日本のマフィアのメンバーが暗号を取引できるようになった。このため、同社は顧客のリストを再評価しており、現在、すべての預金と引き出しがスキャンされています。

日本のヤクザが暗号交換を利用して犯罪金を盗む

引き出しが遅れた - ヤクザの顧客のためのBitflyerスキャン
2016年以来、様々な海外交流を通じて300億円が洗濯されました。

顧客によると、6月25日に撤回を要求したにもかかわらず、7月2日の朝までに取引を確認できなかった。

昨年5月、毎日新聞によると、ヤクザとして知られている日本の組織犯罪組織のいくつかの部門が、暗号取引を使ってお金を洗濯していたことが明らかになった。毎日新聞によると、日本のマフィアは海外で2億7,000万ドル以上の資金を海外に移したとされている。

「反社会的勢力とのあらゆる関係を取り除くために、6つの日本の暗号化交換を強く推奨した」とFSAはnews.Bitcoin.comに語った。

FSAは、日本で暗号暗号化業界が成長している中、地方自治体と暗号交換の必要性を指摘し、ユーザーのIDを確認するなど適切な監視システムを備えた安全な環境を構築する必要があると指摘した。

日本はヤクザとしても知られているマフィアとの警察の協力によって歴史的に知られていますが、2011年に発効した最近の組織犯罪排除法は、個人または企業を商売に犯罪としています。当局は、6月22日にFSAが行ったように警告を発するが、ヤクザとの取引を続けると、その名前が一般に公開され、罰金を科され、投獄される可能性がある。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/withdrawals-delayed-bitflyer-scanning-for-yakuza-customers/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。