仮想通貨の日本のシェア率・取引割合の調べ方について〜外(世界)と比較

ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨日本におけるシェア(割合)調べる方法をご紹介します。

2017年当初は中国の仮想通貨のシェアに対する割合が多いと言われていましたが、その後は日本のシェアが大きく伸び、世界からも「仮想通貨大国」として注目されることになります。

それでは仮想通貨の取引割合について見て行きましょう。

仮想通貨のシェア率を調べる。

今回は「Crypt Compare(クリプトコンペア)」というサイトで、日本が世界における仮想通貨取引のシェアがどれくらいかをご紹介します。

クリプトコンペアでビットコインの取引量を確認する。

上の画像はクリプトコンペアのトップ画面です。

ビットコインがどのくらい取引されているのかを見るために、ビットコインをクリックします。

ビットコインの取引通貨の割合

その後タブの「Analysis」をクリックします。

すると、「ビットコインの取引通貨ごとの比率」と「ドルでビットコインが取引されている取引所の比率」のグラフが表示されます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

上のツイッターの画像では、日本円が世界で取引されている通貨で45%もの割合となっています。

ケイシ
ケイシ
この状況を見るともはや日本は仮想通貨大国と言えますね。

日本円でビットコインが取引されている取引所の割合。

日本円で取引されている仮想通貨取引所の割合を確認します。

クリプトコンペアの画面の価格の左側にある「タブ」をクリックして「JPY(日本円)」を選択します。

すると日本円で取引されている取引所の割合が表示されます。

https://platform.twitter.com/widgets.js
見ると、「ビットフライヤー FX」が日本円でのビットコインの取引が多いのがわかります。

つまりビットフライヤーFXで日本円のレバレッジ取引をしている取引が大半を占めると言うことです。

次に、通常の現物取引がどの取引が多いかと言えば、

となっています。

ビットコインの購入方法については、「ビットコインの買い方、購入方法と単位を解説〜おすすめの取引所を比較」を参考にしてください。

ビットコインの買い方、購入方法と単位を解説〜おすすめの取引所を比較

人気の仮想通貨リップルについて

https://platform.twitter.com/widgets.js
リップルの取引量については、日本円より、韓国の通貨ウォンが多くなっています。

またUSDTはドルと連動した仮想通貨で世界中で、仮想通貨の取引に使われています。

リップルの購入方法については、「リップル(Ripple)の買い方(購入方法)〜いくらから買える?取引所比較」を参考にしてください。

リップル(Ripple)の買い方(購入方法)〜いくらから買える?取引所比較

まとめ

以上世界的に、取引量を調べる「クリプトコンペア」についてご紹介してきました。

このサイトで通貨ごとの取引通貨や、取引所ごとの取引量を調べることができ、世界的に仮想通貨がどのように取引されているのかと言うのがわかるようになっています。

今までは中国が仮想通貨の取引量については大きな影響を持っていましたが、現在は日本が大きな影響を持っている状況です。

今後は日本だけでなく、各国の規制状況で仮想通貨の取引状況も変化していくと思われ、定期的取引を調べることで仮想通貨取引の流れが把握できるようになります。

仮想通貨の基礎知識や取引方法については「無料メルマガ」で初心者から学べる配信をしています。

仮想通貨実践投資メルマガ(無料)をリニューアル!

 

 

 

 

 

Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。