Shitcoin.comのCEO Andreas BrekkenはBitcoin(BTC)Lightning Networkの49%を占めています。

1 

最新の報告によると、Shitcoin.comのCEO Andreas BrekkenはBitcoin(BTC)Lightning Networkの49%を占めています。

ShitcoinはLightning Networkで35BTC以上を所有しているようだが、このポータルはLightning Networkの今後のレビューに使用されると発表した。

BrekkenはクラッケンとBitcoin.comの元アドバイザーで、2011年からBitcoinコミュニティに参加しています。

上記の彼のウェブサイトは、暗号関連のプロジェクトを批判するためのものです。Treon(TRX)、IOTA(MIOTA)、EOS(EOS)などのトークンのレビューも含まれています。

Bitcoin Lightning Network

Bitcoin Lightning NetworkはBitcoinブロックチェーンの上にある第2層支払いプロトコルです。

これは、Bitcoinのスケーラビリティの問題の解決策ですこれは、2つのノードがBitcoinブロックチェーンから無制限のトランザクションを実行できるようにします。

これらは、ノードチャネルが閉じているときにのみブロックチェーンに記録されます。Lightning Networkの主な機能には、インスタント・ペイメント、スケーラビリティ、低コスト、クロスチェーンの原子スワップがあります。

雷ネットワーク上のノード数の増加は、ネットワークの容量の拡大を引き起こし、この容量は2018年7月1日以来倍増しています。

ライトニングノードの現在の統計

  • ノード数:2755
  • チャネル数:9159
  • ネットワーク容量:72.29 BTC
  • アクティブなチャネルを持つノード:2024

Shitcoinのノードは35BTCを保持しているため、Lightning Networkの総容量の48%を占めています。

他のノードは、総容量の約1%を保持します。フルキャパシティーの49%を占めるノードは、基本的には、雷ネットワーク上のBitcoinの最大量を占めています。

BrekkenはLightning Networkの49%を占めているため、Lightning Networkの51%のみが他のユーザーのために残されています。より多くのノードがネットワークに追加されない限り、全体的なユーザビリティを妨げる可能性があります。これが起こるのを待つ必要があります。 

参考資料:https://oracletimes.com/one-single-node-owned-by-andreas-brekken-occupies-49-of-the-bitcoin-btc-lightning-node-network/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。