ICOに最も適した国はどこ?1位は米国、スイスとシンガポールが続く=アナリストらが分析

1 

アナリストらによる調査で、米国、スイス、シンガポールが、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)に「最も好意的な」国の上位3カ国にランク付けされた。コインテレグラフが調査結果をまとめたレポートを入手した。

 クリプト・ファイナンス・カンファレンスに参加しているアナリストらが、資金調達額で見た国別で上位100件のICOに関する公開データに基づいて調査をまとめ上げ、立ち上げられたプロジェクトの数でランク付けした。

 このレポートでは、計30社がICOを行っている米国がICOに最も好意的な国だとしている。次に好意的な国はスイスで、15件のICOが行われた。シンガポールは11件で第3位となった。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/us-ranks-as-most-favorable-country-for-icos-in-recent-report 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。