詐欺として特定されたICO

1 

米国で開催された最大のICOの3分の1

規制の不確実性にもかかわらず、米国は初期コイン・オファリング(ICO)を実施する企業の主要な目的地としての地位を確立しているという新たな研究が確認されています。最近発表された報告書によると、100を超える最大のトークン販売のうち30が米国に拠点を置く企業によって保有されていた。Crypto Finance Conferenceのチームによってまとめられたデータは、スイスを15のICOで2位、シンガポールを3位にして最大のコイン・オファリングで11位にしました。

「ICOは勢いを増し続けている。彼らは2017年のすべてで提起された以上に、2018年の第1四半期に63億ドルを調達しました」とVenture Beatが引用したCFCのAndrea-FrancoStöhr最高経営責任者は述べています。公開された声明では、彼はまた、この研究により、どの国がブロックチェーンと暗号プロジェクトを受け入れているのか、どのようにしているのかを理解する機会を提供しているとコメントしています。

米国はコイン・オファーリングのトップ・デスティネーション、詐欺として特定されたICOの大多数

この研究の著者はまた、多くの国が、より初期のコイン・オファリングを引き付け、奨励する規制を採用し、実施する努力をしていることに気付いている。上位100のプロジェクトのうち6つを主催したロシア連邦もその一つです。今年初めに発表された別の報告では、この調査では合計370件のトークン販売がカバーされています。

この研究で暗号親和的な管轄として言及されている他の国は、最大の4つのICOであるエストニアである。いくつかの報告よると  、昨年のコイン募集を通じて調達した資金のうち、小さなバルト諸国が全資金の10%を占めています。

詐欺として特定されたICOプロジェクトの78%

 投資家が依然としてICOを好調に推していることを示唆する  最近の2件の調査にもかかわらず  、ボストンカレッジで実施され調査によると、ICOの半分以下は売却後4カ月間生存していることが明らかになった。調査会社のSatis Groupが書いた別の調査では、昨年実施されたすべてのコイン・オファリングの78%が詐欺であることが判明しました。これらのICOは、大きな利益を約束しましたが、プロジェクトやチームの背後にあるチームに関する情報はほとんど共有していませんでしたし、白書も公開していませんでした。彼らのほとんどはトークン販売直後に姿を消した。

先週リリースされた「Cryptoasset Market Coverage Initiation:Network Creation」レポートで更新されたデータは、ICOプロジェクトの4%が資金調達目標を達成できず、資本を投資家に返却したことを示しています。別の3%は決して取引プラットフォームに掲載されませんでした。ICOを通じて販売された硬貨の15%のみが引き続き取引所に上場され、取引された。現在の取引のうち、7%が「成功」、3%が「有望」、4%が「減少」と言われています。

米国はコイン・オファーリングのトップ・デスティネーション、詐欺として特定されたICOの大多数

ICOによって調達された120億ドルのうち、詐欺に敗北した13億ドル(11%)、失敗したプロジェクトでは17億ドル(14%)、死亡したプロジェクトでは624百万ドル(5%)が消失したと推定されています。しかし、最終的に取引所に達したICOには、70%以上、すなわち80億米ドルが寄付されました。この調査によると、詐欺によって賄われた資金の大部分は3つのプロジェクトに投資された。Pincoin(6億6,000万ドル)、Arisebank(6億ドル)、Savedroid(5千万ドル)です。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/us-ranked-top-destination-for-coin-offerings-majority-of-icos-identified-as-scams/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。