2017年7月16日から1年経過! 『移動平均線』で相場をチェック!

 

f:id:niracryptocurrency:20180724210027p:plain

 

こんにちは!にらたま(@jyImbQ93)です。

 

数日前から強めに反発している仮想通貨市場。

 

早いもので、今年も気づけば7月下旬に突入しました。

 

「暑中お見舞い申し上げます。」の季節です。

 

 

「去年の今ごろは何してたっけな~。」と振り返ってみると・・・(゜-゜)

 

「7月の大暴落」に右往左往していました笑

 

去年すでに仮想通貨投資を始めている人は記憶に残っていると思います。

 

この暴落のきっかけは、ビットコインの分裂問題。

「ビットコイン・キャッシュ」誕生のきっかけとなった出来事です。

 

 

そんな去年7月の大底は「7月16日」でした。

 

そして現在は・・・「1年後」です(‘ω’)

 

 

偶然か必然か、ビットコインは相変わらず面白い動きを見せてくれます。

 

さて、ここからビットコインはどんな動きを見せてくれるのか?

 

本日は久しぶりに、「移動平均線」を用いてチェックしていきます。

 

 

 

日足

 

f:id:niracryptocurrency:20180724202841p:plain

 

 

・200日移動平均線(SMA)(=黄色

・300日移動平均線(SMA)(=ピンク)

を下回り、

 

さらには「その他短期線」も下回り、閉塞感極まりない状況に、移動平均線のツイートは控えていました。

 

しかし直近の上昇で、

 

・100日移動平均線(=エメラルドグリーン)

・150日移動平均線(=オレンジ)

 

これら中期線を突破してきました。

 

なお、上には、

 

・200日移動平均線

・300日移動平均線

 

が、「デッドクロスして」控えているので、ここでは一旦、短期的には頭を抑えれる可能性がありそうです。

 

なお、300日移動平均線はあまり使われない長期線ですが、、、

1月の急落時(〇)に意識された指標ですので、引き続き意識されやすい指標となります。

 

 

週足

 

f:id:niracryptocurrency:20180724204249p:plain

 

 週足では、

75週移動平均線が下値支持線として機能し、現在は52週移動平均線にタッチしている状況です。

 

この52週線は強く意識されるラインですので、短期的には上値の重い展開が予想されます。

 

仮にこのラインも、今の勢いのまま難なく突破した場合は、上昇圧力が相当強いと判断できます。

 

 

まとめ

 

以前投稿した『日柄ポイント』の記事で予想した通り、7月以降、上昇トレンドに転換しているビットコイン。

 

今後の『長期的な値動き』についての詳しい分析は、↓こちらの『note』に投稿中です。

今のところ、分析通りの値動きとなっています(^^)/

「分析対象期間」は2019年までとなっていますので、興味のある方は是非よろしくお願いします。

note.mu

 

Source: にらたまちゃんの【仮想通貨・株式投資】テクニカルメモ☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。