ビットポイントジャパン(bitpoint)〜仮想通貨が安く買える取引所!その特徴と評判と口コミ

MT4(メタトレーダー4)が使え、仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム等)が手数料無料購入できる、ビットポイントジャパン(ビットポイントFX)は、日本で初めてMT4を使った仮想通貨トレードのサービスを提供している仮想通貨取引所になります。

ビットポイントジャパンは仮想通貨取引所の中でも資本力が高く、非常に安定した会社の一つと言えます。

MT4が使えるビットポイント(bitpoint)FXは、世界中で使われているプラットフォームでトレードができ、インジケーターなどの指標も簡単に導入することができるのが特徴になります。

日本で初めてMT4を使ったサービスを提供したビットポイントジャパンは非常に斬新な会社だと言えます。

この記事では、ビットポイントジャパンについて、サービス内容、そして評判口コミを交えてご紹介します。

 

 ビットポイントジャパン(bitpoint Japan)について

会社名 株式会社ビットポイントジャパン
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00009号
代表社員 代表取締役社長 小田 玄紀
住所 〒106-6236
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
資本金 44億3,000万円(資本準備金含む)
設立年月日 2016年3月3日

ビットポイントジャパンは、2016年3月に設立した比較的新しい会社です。

ヨリコ
ヨリコ
資本金が44億円は仮想通貨取引所の中でもダントツの資本力と言えるわね。

仮想通貨取引所ですが、通常の取引とレバレッジトレードができるのが特徴になります。 

レバレッジの倍率については25倍という日本の取引所では最高倍率になっています。 

またFXのチャートとして世界中で使用されているMT4(メタトレーダー)が使えるということもポイントの一つです。

▶親会社のリミックスポイントは仮想通貨関連企業としても注目されている。

▶社長の小田氏は仮想通貨の執筆やメディア等で影響力を持つ人である。

▶ビットポイントは海外での仮想通貨取引所の事業展開を行って行く。

▶ビットポイントでは、ビットポイント独自の取引チャート、またはMT4を選択することが可能。

▶仮想通貨決済事業についても力を入れている。

▶電話での取引所のサポートは定評があり、仮想通貨業者の中ではいち早くサービスを行っている。

親会社の「リミックスポイント 」は業績が好調!!

ビットポイントの親会社である「リミックスポイント🔗」は業績が好調であり、仮想通貨関連株としても注目を集めています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
リミックスポイント の業績や会社概要の『詳細はこちら🔗

ケイシ
ケイシ
特に仮想通貨関連事業は力を入れている会社なので、株価についても投資家は注目をしている会社と言えます。

ビットポイントの社長は執筆やメディアでも有名

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
このように、ビットポイントの小田社長は定評のある仮想通貨の本を執筆しており、これまで度々メディアや雑誌でコメントを取り上げるほどの影響力を持った人になっています。

ヨリコ
ヨリコ
仮想通貨取引所に対して金融庁から業務改善命令が出た際も、ビットポイント はいち早く報告書を提出して、メディアのインタビューでコメントをしていました。

 

仮想通貨事業拡大を計画中

https://platform.twitter.com/widgets.js
ビットポイント仮想通貨取引について通貨の拡大を予定してます。 取り扱い通貨が増えるということは、それだけユーザーも増加も期待されるということになります。

ビットポイントジャパンのサービスについて

https://platform.twitter.com/widgets.js
ビットポイントは仮想通貨取引所の中でも初期の頃から事業を行っている取引所となっています。 

電話での問い合わせにも対応

https://platform.twitter.com/widgets.js

また仮想通貨取引所の中では『電話で問い合わせ』の対応を行っている取引所となります。仮想通貨のユーザーの増加で電話対応が困難な取引所がある中、ビットポイントは電話での問い合わせに対応しています。

 

ビットポイントでの取引通貨について

ビットポイントの取り扱い通貨は

  • ビットコイン 
  • イーサリアム 
  • リップル 
  • ライトコイン 
  • ビットコインキャッシュ

と仮想通貨の中でも安心して取引ができる時価評価額が高い通貨を採用しています。

ビットポイントの取引画面について

ビットポイントで仮想通貨を買う場合には、

  • 通常の注文画面
  • ビットポイントアドバンス(高機能チャート)
  • MT4(ビットコインFX)

の3パターンがあります。

上の画像は通常の取引画面ですが、左側に通貨ペアーの価格表と右側に保有資産の一覧が表示されています。

その下に注文画面が右側にあり、買いたい数量と取引暗証番号を入力して、通貨を簡単に買うことができます。

またチャート画面を大きくすると上の画像のように詳細は値動きや、長い期間での価格の動きがわかるようになっています。

ヨリコ
ヨリコ
インジケーターを使ったりと詳しくチャートを見たい人はビットポイントアドバンスで詳細なチャートを見ることができるわ。

ビットポイントアドバンスがリリース

ビットポイントではビットポイントアドバンスがリリースされました。


実際のビットポイントアドバンスの画面は上の画像のようになっており、非常に見やすい画面となっています。

https://platform.twitter.com/widgets.js
しっかりと値動きを確認しつつ取引をすることができます。

ヨリコ
ヨリコ
画面の各機能がしっかりと区分けされていてとても使いやすそうね。

MT4(メタトレーダー4)でビットコインが取引できる。〜レバ最大25倍

screen-shot-2016-11-20-at-17-12-04

FXトレードで世界で一番利用されているプラットフォーム(チャートソフト)です。インジケーターや自動売買トレードができる、ある意味万能のチャートソフトと言えます。

MT4を使うにはレバレッジを使ったビットコインFXでのトレードとなります。

メタトレーダー4はロシアのメタクオーツ社が開発したシステムで基本的に無料で使うことができます。 MT4の知識がある方はより簡単にチャートを使って仮想通貨の相場を見れると思います。

MT4の特徴としては、チャートが非常に見やすく、そして操作しやすい点にあります。海外のFX証券会社はほとんどMT4を使っており、口座を複数分けて運用しても同じ操作なので便利に利用ができます。 

MT4の使い方はネット調べればすぐに出てくるので、その点も使う上で有利な点の一つと言えます。

➡(参考)ビットポイントジャパンのMT4(メタトレーダー4)を使ってみた!!

MT4で仮想通貨自動売買を始めたい方

自動売買は自動売買をソフトをMT4にインストールすることで自動でトレードをしてくれるシステムです。FXが主流ですが今後は仮想通貨相場が安定してくれば、自動売買ソフトが普及する可能性もあります。

MT4を使った仮想通貨の自動売買をお考えの方は「こちら🔗」の記事にその流れをまとめています。

便利な逆指値が使える(損切り)

このチャートソフトの便利な特徴が『逆指値』(損切り)が使えるということです。

例えば1BTC=70000万円で購入した際には、1BTC=50000円まで下がったら、自動的に決済する注文を逆指値と言います。なぜこの注文が便利だというと、注文を出してずっとチャートを見ることができないため、忙しくてつい持っている仮想通貨のことを忘れた場合などは急に値段が下がってあたふたする場合があります。

なので、そう言った場合逆指値をしておくと、慌てる必要がなく安心してチャートを見ることができます。

MT4でインジケーターを使いつつ相場を見てみる

screen-shot-2016-11-20-at-17-43-39

MT4を使ってビットコインのチャートを見るときは、相場の流れを見るためにも、インジケーターを使ってみるのも面白いと思っています。

以前参加した仮想通貨のセミナーでもSMA(平均移動曲線)は仮想通貨の相場でも機能している場合が多く見られるとの現役トレーダーの説明がありました。

インジケーターはあくまでも参考ですが、それを補足材料として使用することにより相場の流れを見ることができより相場のことがわかるようになるのではないかと思います。

必ずしもFXの様に頻繁にトレードする必要はなく、MT4を使ってチャートを見ることによりよりわかりやすく相場のことを把握できる様になるため、便利な使い方になります。

ビットポイントFXの手数料について

口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
現物取引 無料
レバレッジ取引 無料
ビットポイントFX 無料

基本的に無料となっていますが、基本的にビットポイントジャパンは、スプレッドと言って注文する際の金額の差が収入源になります。 

つまりそれが実質的な手数料です。

例えば1BTC=70000円で買いの注文を入れたら、1BTC=70010円で約定したとします。 この差70010ー70000円=10円手数料になります。

まだ新しい会社なので手数料は今後変更される場合もあるので、取引する際には手数料を確認してトレードをするようにしてください。

スプレッドについて

スプレッドは実際のコインを買うときの価格に対応するもので、手数料以上に取引所間で差が出ているものになります。

ビットポイントは「取引所」形式で個人間で通貨の売買ができるため安くコインを買うことができます。

通貨については上の画像に「売るときの価格(899,000円)」と「買うときの価格(900,000円)」が差スプレッドになっています。

この場合ビットポイントのスプレッドが「1000円」ですが、通常の他の取引所の販売所ではスプレッドが「20000円」だったりするのでかなり安く買えることになります。

👉(参考)ビットポイントジャパンの取引手数料(スプレッド)を検証

まとめ

ビットポイントは、紹介してきたように、資本力が高く経営基盤が安定している取引所と言えます。

国内での仮想通貨の販売だけでなく、仮想通貨を使った支払いの普及や海外に取引所を設立したりとグローバルな展開を行っており、会社としても非常に注目されています。

格安航空会社である「ピーチ」との仮想通貨支払いに対応するための事業も進めており、総合的に安心して利用しやすい取引所と言えます。

国内オススメの取引所「ビットポイントジャパン」の口座開設はこちらから↓↓↓


Source: 仮想通貨の投資方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。