グーグルが密かに仮想通貨の広告を解禁? 米レディットの利用者が指摘

1 

米検索大手のグーグルが、仮想通貨関連広告を密かに解禁したかもしれないことが27日に明らかになった

 米ソーシャルメディアのレディットの利用者によると、グーグルでビットコインと検索したところ、米仮想通貨取引所大手のコインベース の広告が出てきたという。

 現時点でグーグルから公式に仮想通貨関連の広告を解禁したという発表はない。グーグルは、3月にグーグルは仮想通貨関連の広告を今年6月から禁止すると発表した

 一方、フェイスブックは同じような禁止措置をとってきたが、6月26日からバイナリオプションやICOを除いて仮想通貨関連の広告を解禁した。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/us-delaware-doj-reaches-out-to-poloniex-crypto-exchange-users-if-they-have-an-issue 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。