なぜGoogleがPlayストアのアレをすべて削除しているのか

最新のcryptocurrenciesへの移行で、GoogleはPlayストアからすべてのビットコインと暗号化マイニングアプリを削除する計画を発表しました。この決定は、Chromeの拡張機能を禁止した後、数ヶ月後に行われます。

Googleは、Playストアの開発者ポリシーページで、暗号化マイニングアプリを禁止する旨の決定を発表した。「私たちは、デバイス上で暗号化を実行するアプリを許可していない。私たちは、暗号化の採掘を遠隔管理するアプリケーションを許可しています。

ユーザーは自分のデバイスから直接鉱山することはできませんが、開発者はクラウドベースのコンピュータプラットフォームのように、マイニングを他の場所で行うことができるアプリケーションをリリースすることができます。

Cryptocurrency Miningの人気

暗号市場でのブル・ランの間、2017年後半には、暗号化キャッシュ・マイニングの人気が高まった。GPUの売上高は、NVIDIAのような GPUの生産者が通常の利益よりも高いために価格が急上昇したところまで急増した。

鉱業のプロセスはかなりの計算力を消費し、収益性は鉱夫が貢献できる処理能力の量に直接関係しています。かなりの収益を上げる鉱山設備へのアクセスは、かなりの設備費と電力コストに起因する膨大な費用のために限られています。

あるカスペルスキー・ラボは最近、単なるラップトップでの2日間のMonero採掘の影響を報告しました。彼らは、デバイスの内部が、ラップトップの外殻を損傷した膨潤したバッテリーを含む物理的な損傷を示したと報告した。

Cryptocurrenciesに対するGoogleの最初の動きではない

3月、CNBCは  、Googleがプラットフォーム上にすべての暗号化関連広告を禁止していると報告した。この禁止は、ソーシャルメディアの巨人TwitterとFacebookによる暗号広告に掲げられた禁止と構造的に類似していた。

この禁止は、Googleの検索プラットフォームによって促進される詐欺の数を減らす目的で実施されましたが、CoinbaseやBinanceのような正当な企業の広告の掲載も禁止されています。

Googleの持続可能な広告ディレクター、スコット・スペンサー(Scott Spencer)は、決定についてCNBCに話し、

「クリプトカルトによって未来がどこに向かうのかを知るための水晶球はないが、消費者に危害や潜在的な害を及ぼしていると私たちは考えている。

Googleは、暗号侵害広告を禁止してから1カ月以内に、暗号違反を掘り起こすChrome拡張機能を承認しないと発表しました。Googleは、ブログで次のように決定し

「今日から、Chromeウェブストアは、暗号の乱れを防ぐ拡張機能を受け入れなくなります。暗号化を掘り下げる既存の拡張機能は、6月下旬にChromeウェブストアから上書きされます。マイニング以外のブロックチェーン関連の目的を持つ拡張機能は、Web Storeで引き続き許可されます。

Playストアからの暗号違反を賭けているアプリを禁止するという最新の決定は、アプリがユーザーのコンピュータに損害を与えたり、コンピュータのパフォーマンスを著しく低下させる恐れがあるためです。

Googleホワイトリスト作成の正当な暗号化企業ですか?

 FacebookとTwitterの足跡をたどってGoogleが続いたと主張して、今週早く噂が浮上し、特定の暗号化企業をホワイトリストに登録し、広告を掲載できるようにした。Google Ads   、「暗号化通貨と関連コンテンツを宣伝する広告はGoogle Ads経由で宣伝することはできません」と言って、Twitterでの暗号違反広告に関するユーザーからの要求に応えました

合法的な暗号化関連の企業がマイニングアプリや拡張機能を開発して広告を掲載するためのポリシーの策定が開始されるかどうかはまだ分かっています。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/07/29/why-google-is-removing-all-bitcoin-mining-apps-on-the-play-store/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。