遂に行きますか!Cardano(ADA)のCharles HoskinsonがICO後のマイクロキャップコインのための誘導戦略を提案

1 

最近カルダノの創始者であるチャールス・ホスキンソンは、YouTubeチャンネルであるLearn Cryptoのニック・ヘルマンとのインタビューの中で、いくつか興味深いことを強調しました。

ホスキンソンはマイクロキャップコインのアドバイザーです

インタビューは主に、ICOフェーズの後にマイクロキャップコインの顧問を務めるホスキンソンを中心に行われた。

彼はまた、ZenCash(ZEN)に対処し、彼と一緒に働いている間に彼の経験についていくつかの詳細を提示しました。

HellmanはHoskinsonに、ZenCashやStormのような小さなコインのアドバイザーに任せて、彼がこれらのコインをどのように正確に援助しているのか、カルダノにとって何があるのか​​を知りたいと尋ねました。

ホスキンソン氏は、ICO段階を過ぎたプロジェクトのアドバイザーであると述べています。その理由は、ICO前のフェーズはすべて金銭を上げることだからです。

「時には私はプロジェクトの顧問として働くことがあります…ほぼ常にポストICOです。プレICOに奉仕する場合、あなたは彼らがお金を稼ぐのを手助けするためにそこにいるので、あなたはアドバイスをしてもらえませんか、彼らはお金を正しく追加するので、ホスキンソン氏は述べた。

同氏は、これらのプロジェクトに技術、コミュニティ構築、規制枠組みに関する戦略的助言を提供するとも述べた。

CardanoはZenCashの開発をサポートしました

彼はホストに、彼が彼らを助けたいと思っていた分野の1つがプライバシースペースであり、これが彼をZenCashに導いたと語った。

数ヶ月前、カルダノは、コインの発売前にZenCashと協力していたことを明らかにしました。

CardanoはZenCashのチームがコードを開発し、バグを修正し、集中的なテストを行うのを助けました。カルダノ氏はまた、ZenCashのコアを開発するためにチームと数ヶ月間働いていました。

そして、カルダノのパートナーシップからの返品に関して、ホシキンソン氏は、IOHKは科学部門、工学部門などを持つ研究指向の会社であると語った。

彼はまた、IOHKはカルダノだけに焦点を当てているのではなく、他のプロジェクトにも焦点を当てていると主張しました。

彼は、すべての既存の問題は単一の生態系では解決できないと結論付け、彼の目標はカルダノの技術を改善して最良の結果を得ることとより一致し、これには複数の生態系も含まれています。 

参考資料:https://oracletimes.com/cardano-adas-charles-hoskinson-offers-guiding-strategies-for-micro-cap-coins-after-their-icos/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。