トム・リー氏「ビットコインの市場占有率が回復してきている」

ビットコインについての分析家で御馴染みの、米ファンドストラット社のトム・リー氏は、仮想通貨市場の低迷にも関わらずビットコインは、この2週間で徐々に市場のシェアを再び回復してきていると語っています。

SEC(米国証券取引所)によってビットコインはコモディティであるという分類や、ETF承認の可能性は、投資家に対し、マーケットが今のように厳しい状況にある時にビットコインが最高の投資先だと思わせたという。

ビットコインは昨年12月に一時的に19,000ドルに到達して以来、ほぼ一定感覚で下落している。 Coindeskによれば、6月下旬には6,000ドルを下回った。仮想通貨はその後7月に8,400ドルに近づき、最近では7,000ドル前後にまで再び下落しました。

ビットコインはこのレベルを保っていれば崩壊することは無い。人々はビットコイン価格が6,000ドルまで下落してその後、弱気な相場から反発できないのではないかと恐れているのだと思う。

仮想通貨の世界が急激に発展しているにもかかわらず、ビットコインの価格はなぜか弱い。

SECはビットコインを商品として公表しており、6月には仮想通貨が証券ではないと認めています。

昨日お伝えしたとおり、先週の金曜日のインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)は、スターバックスとマイクロソフトを含む大手企業との提携により、公に規制されたデジタル資産エコシステムの構築を目指すと発表しました。

仮想通貨の擁護派は、この開発がビットコインを正当化するのを助けるかもしれないと言います。「ビットコインはこのニュースに完全に反応していないかもしれないが、その利益の真の兆候は、市場シェアを回復していることだ。」とリー氏は主張しています。

2017年の初めにビットコインは、仮想通貨市場の約80%を占めていました。約1年後、1月には、ビットコインの市場シェアはわずか約36%に低下しました。しかしそこからは、徐々に拡大が続いています。

過去2週間で、ビットコインの市場シェアは、年間48%程度の最高水準まで上昇しています。

ビットコインの市場占有率の拡大は、市場があるべき状態にまで戻ってきていることを示している。

リー氏はこのように分析しています。

ザイフならリスクヘッジした仮想通貨の定期購入もできます。

出典:https://www.cnbc.com/2018/08/07/tom-lee-bitcoin-is-regaining-market-share.html
Bitcoin, ‘the best house in a tough market,’ is bouncing back, says Wall Street bull Tom Lee

Source: TradeBitLab

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。