仮想通貨・ブロックチェーン分野でも、Microsoftが…

Microsoftが開発する安全・スピーディーなブロックチェーン技術

Microsoftのブロックチェーン技術として、コンサルティング会社であるEYとの提携が話題だ。この提携は、ゲームの著作権を保護すると同時に、出版者に対する利権の確保も行うものだ。もっとも、ゲームの著作権・利権保護のみがこの提携の最終的な目標ではない。つまり、MicrosoftとEYのブロックチェーン技術は、ブロックチェーンの使用によって資産・知的財産権を保護・証明したうえで、利権が発生するあらゆる業種に適用できる為だ。

また、MicrosoftとEYの提携によって開発されるブロックチェーンは、データ処理能力の高さにも期待されている。例えば、2018年8月の段階で基軸通貨であるビットコインよりもデータ処理にすぐれた通貨はいくつも存在し、仮想通貨取引所でもビットコインが必ずしも基軸通貨とならないパターンも増加してきた。

MicrosoftとEYのブロックチェーンにおいては、少なくとも毎日数百万件以上のデータ処理が必要となることが予想され、ブロックチェーンが何百万人のユーザーの負荷に耐えられるのかが最も重要な課題となるだろう。

基盤となるネットワークは、JPモルガンが開発したQuorum(クォーラム)ブロックチェーンだ。そのうえで、MicrosoftのAzureクラウドとブロックチェーンを使用して構築され、セキリティ性を確保する。Microsoftのブロックチェーンの提携者は、従来のシステムと比較して、非常にスピーディーな取引を行えるというメリットを受けることが出来る。

Microsoftは、段階的にブロックチェーンに関心のあるゲーム開発者などのパートナーに、権利とロイヤリティが確保されたブロックチェーンを提供していく。Microsoftのブロックチェーンが実現した場合、間違いなく世界でもトップクラスの規模を誇るブロックチェーンシステムとなるだろう。

Microsoftのサービス展開、今後の展望

Microsoftに限らず、世界中の企業はブロックチェーンシステムの開発をチャンスと捉えている。ブロックチェーンシステムの活用によっては、既存のシステムに変革をもたらしつつ、共存する道すらあり得ると言えるだろう。

Microsoft Azureの権利とロイヤリティが確保されたブロックチェーンは、ブロックチェーンが新しいビシネスモデルを構築するモデルケースとなり得るだろう。また、MicrosoftとEYが使用しているブロックチェーンシステムはゲーム分野のみの展開ではない。例えば、EYの関連会社には、自動車や保険サービスなども含まれており、世界初のブロックチェーンによる海上保険も提供している。

また、Microsoftのブロックチェーン技術は世界中で展開されつつある。例えば、Microsoftは台湾にも支社があり、Digital ChinaとHot Coolとの提携を行っている。3社による提携では、ブロックチェーンを利用して金融、電子商取引、エンターテインメントなどの業種に対してサービスを展開していくことを表明した。

MicrosoftTaiwan、Digital China、Hot Coolの3社による提携は、台北市のルメリディアンホテルで2018年6月28日に方針を示した。Microsoft Azureは、Digital Chinaのブロックチェーンをよりスピーディーにし、セキュリティ性を向上させることを目的としている。

参考:LEGAL GAMBLING.

Microsoftによるブロックチェーンサービスは、クラウドをはじめとしてあらゆる企業に対しての展開を目標としている。今後、仮想通貨市場が発展途上国に進出することが見込まれており、世界的にブロックチェーンサービスが展開することも予想できるだろう。

その為、Microsoftがブロックチェーン市場においても世界的な企業となれるかは、今後のサービスの開発速度次第で変わってくる。世界でも有数の大企業であるMicrosoftが仮想通貨市場でどのようなサービスを展開していくのか要注目だ。

参考資料:https://coinchoice.net/microsoft-blockchain-crypto-curenncy-company/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。