ヨロイとイカロスの発表について

今回、発表されたのは新しいウォレットツールでした。
しかも2つ。

以下は「ロードマップ」より転載しています。詳細は「ロードマップ」をご確認ください。

1.イカロス(ICARUS)ウォレット
カルダノ・ウォレットのリファレンス実装。
IOHK は、ライト・ウォレットのためのリフ ァレンス実装、イカロス(Icarus)をリリースします。
これにより、開発者はカルダノ(Cardano)に向けて独自のウォレットを作成することが可能となります。
イカロス(Icarus)はGoogle Chrome の拡張機能としてブラウザで動作し、ダイダロス(Daedalus) に代わる使いやすい手段をもたらすウォレットです。
このウォレットで はカルダノ( Cardano)の ブロックチェーンのコピーをダウンロードしてバリデーションを行う必要はなく、サーバ上でブロックチェーンのコピーを使用することに より、より一層速い操作性を提供するという利点があります。
イカロス(Icarus)高 い安全性を誇り、プライベート・キーはユーザのマシン上で暗号化されてサーバと 共有されることはありません。
ソース・コードが公開されることで、コミュニティが ウォレットを開発し、必要に応じてカルダノ(Cardano)と統合することが可能となり、カルダノ(Cardano)はさらなる分散化へと方向に向かってゆきます。
2.YOROI デスクトップ ウォレット
YoroiはCardano向けの新しい、ライトクライアントウォレットです。
シンプルかつ高速、そして安全でChromeの拡張機能として実行します。
YoroiはEmurgoよりリリースされます。
Chrome拡張機能として入手できるライトクライアント、デスクトップウォレットでDaedalusの代わりに使用することができます。
本ウォレットは暗号化されたプライベートキー (秘密鍵) をユーザーの機器に安全に保存し、サーバーと共有することはありません。
Yoroiを使用すると、ユーザーはCardanoブロックチェーンデータの完全なコピーをダウンロードし検証する必要がないため、セットアップを迅速に、また簡単に行うことができます。
ユーザーはYoroiをChromeウェブストアからダウンロードすることができ、入手してから数分後には使用を開始できます。
Cardanoテストネットに接続するベータ版は8月中旬に入手可能に、そして最終製品は9月中旬にリリース予定です。
まとめると…

・ダイダロス
セキュアなウォレットアプリで、プルーフ・オブ・ステークを行える。

・ヨロイ
GoogleChromeの拡張機能で、スピーディーな利用が可能。9月リリース予定。
一般的に活用

・イカロス
GoogleChromeの拡張機能で独自のウォレットを開発、分散化の起点

でしょうか。
詳細は公式の発表を待ちたいと思います。


Source: 非公式エイダコイン情報メモ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。