富裕層もビットコインに興味津々

1: ノチラ ★ 2017/11/22(水) 21:39:44.61 ID:CAP_USER.net
カンバーランド・アドバイザーズのデービッド・コトック氏は長年、富裕層顧客にアドバイスしてきた。このところ、仮想通貨ビットコインについて尋ねられることが多い。

「皆がビットコインの話を持ち出す」という。新しさが「魅力だと感じる人もいれば、新しさはリスクなので手を出したくないという人もいる」と74歳になる同氏は語る。

米国で富裕層向けに資産管理・運用を行う各社は、ビットコインを保有しないことで大きな機会を逃すのではないかと心配する顧客から問い合わせを受けている。アドバイザーらの助言は以下の通り。
コトック氏

購入は勧めない。典型的なモメンタム取引だ。既に保有しており利益が出ている人には、当初の投資額を回収するように助言。
グライムスのケビン・グライムス社長(42)

ビットコインを無視するのは大間違いかもしれないが、現時点で買うのはギャンブルのようなものだ。買うなら失ってもいい資金で買った方がいい。価値が「ゼロになるかもしれないし詐欺かもしれない。誰も考えたこともないような額になるかもしれない」

キャピタル・アセット・マネジメント・グループのサム・ボイド上級副社長(30)
購入を勧めはしないが、ポートフォリオの中で、不動産投資信託(REIT)やヘッジファンドと同じように相関のない代替資産として機能する可能性はある。買うなら少額。「代替投資に5%を超える額を配分したくはないだろう」

サリバン・ブリュイエット・スペロス・アンド・ブレイニーのグレッグ・サリバン最高経営責任者(CEO)
ビットコインを買わないようにアドバイス。仮想通貨は幾らでも供給され得るので、新しい通貨が需要を吸い上げてしまうリスクがある。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-22/OZT5M66TTDS301

Source: 仮想通貨速報「BIT NEWS」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。