報告!北朝鮮、暗号通貨会議が不穏…

1 

朝鮮民主主義人民共和国初の国際暗号イベント?

報告:北朝鮮、暗号会議を開く北朝鮮の北朝鮮(北朝鮮)は、暗号空間で悪評を受けている隠れた共産主義国家で、10月に平壌で暗号暗号化とブロックチェーン会議を組織している。これは、韓国の連合通信社が引用した米国のラジオフリーアジア(RFA)による報告書による。

第1回韓国国際ブロックチェイン会議は、10月1日から首都で2日間行われる予定です。この報告書によると、この会議には世界中の専門家が集まります。参加者はまた、10月3日に北朝鮮国営企業の代表と会談する予定です。

セキュリティ専門家は、匿名の状態で、北朝鮮は最先端の暗号やブロックチェーン技術について、その能力を発揮しようとしているようだとラジオ局に語った。

新しいハッキングの申し立てが会議を覆うかもしれない

報告:北朝鮮、暗号会議を開く次回の平壌(ピョンヤン)のイベントについてのニュースは、西側のデジタルセキュリティー弱点を悪用して不正な手段で暗号資金を獲得するという共産主義体制を示唆する別の報告の後に来る。北朝鮮に関連していることが多いサイバー犯罪団体のLazarus Groupは、複数のオペレーティングシステムに感染する新しいマルウェアを展開している。

サイバーセキュリティ会社カスパースキーの研究者は、推定された北朝鮮のハッカーが、最近、Fallchillと呼ばれるトロイの木馬を使用して「Applejeus」という名前の新しいキャンペーンを開始したと主張する。Cryptocurrency-stealingソフトウェアは、アジアに拠点を置く無名暗号暗号交換のITシステムに侵入した後に発見されました。

プラットフォームの従業員の一人が正当な見た目のウェブサイトから感染した暗号取引アプリケーションをダウンロードした後に、この攻撃が行われました。専門家は、Fallchillのトロイの木馬は、Windows PCだけでなく、macOSデバイスとおそらくLinuxマシンを対象に再設計されていることに気付きました。

北朝鮮の暗号文書

報告:北朝鮮、暗号会議を開く朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が盗まれた暗号侵害を摘発しよう訴えられたのは初めてではない3月、アジア太平洋地域の元政治家サイバーセキュリティ専門家プリシラ・モリウチ氏は、北朝鮮は2017年に鉱業とハッキングを通じて少なくとも11,000のビットコイン(BTC)を取得したと述べた。暗号財産の価額は、米ドル2億ドル以上で

昨年、悪名高いラザロ・グループは、韓国の暗号暗号交換に対する攻撃に巻き込まれました。ソウルの情報筋によれば、北朝鮮のハッカーたちは、30,000人以上のユーザーからの個人情報を侵害している同国最大の暗号取引プラットフォームであるBithumbのサイバー攻撃に関与している。

世界的な金融システムへのアクセスが制限されていることを余儀なくされ、平壌は無制限の取引や匿名の取引に関して暗号化通貨の機会を利用しようとしている。北朝鮮が潜在的に潜在的な可能性を秘めた金正日(キム・ジョンウン)政権の意向が深刻化したことは、平壌大学が暗号教室を実施しているという報告書によって確認された  

参考資料:https://news.bitcoin.com/report-north-korea-to-hold-a-crypto-conference/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy


人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。