Coincheck、第3四半期に●ドルの損失

1 

Coincheckは数百万ドルのハッキングを乗り越えて楽観的なままだ

コインクチェックの7月から9月の収益は、取引所が公衆の信頼を取り戻すために戦ったため、前四半期の840万ドルから66.5%減の315百万円(280万ドル)となった。純四半期純利益は、当四半期の純利益1,070万ドルから118%減の490万ドルとなり、レビュー部門で111%増の360万ドルとなりました。

Coincheck、第3四半期に530万ドルの損失を深める

 東京証券取引所のマネックス・グループが4月に4000万ドル買収しコインクチェックは、ハッキング後に預金者に4億2000万ドルを返済した後、約170万人のユーザーを維持したと述べた。ランニングコストは、当四半期の約17%減少していますが、過去6ヶ月間の累積損失は760万ドルに達しています。

マネックスグループは第3四半期決算発表時に、「2018年1月のサービス停止以来、コインクチェックは既存の顧客が基本的に暗号の販売を許可しただけだ」と語った  月29日のコインクチェック

Exchangeによるセキュリティの強化

マネックス氏によると、コインクチェックに対して提起された訴訟は、依然として日本法の下で登録されておらず、持株会社の財政状態に軽微な影響しか及ぼさず、更なる違反を防ぐために証券取引所が強化されたと付け加えた。少なくとも4つのプライバシーコインがセキュリティを改善するための手段の一部として上場廃止されました。お客様の知っていることとマネーロンダリング防止機能も強化されています。

Coincheck、第3四半期に530万ドルの損失を深める

「Coincheckは、最先端のセキュリティ制御システムと真の価値に合った収益性を確保するためのノウハウを備えた、高度に技術主導型の企業として発展するでしょう」とマネックスグループの会長兼CEOの松本沖は、結果ステートメント。

「日本と米国では、千年紀や他の新しい経済的プレーヤーに魅力的な新しいサービスを開発し提供することで、ユーザーベースを拡大します。そして、最終的には、今後の世界的な成長を支えるアジア太平洋地域における事業拡大を図ります。

主要なデジタル通貨取引の大部分は、恒例の収益を報告しています。Binance氏は、昨年9月から6月にかけては、主に取引手数料のために利益が350百万ドルに増加したと述べた。1,000万人以上のユーザーを抱え、毎日平均15億ドル規模のプラットフォームは、2018年に5億ドルから10億ドルの純利益を目標としています。

参考資料:https://news.bitcoin.com/coincheck-reports-deepening-losses-of-5-3-million-in-third-quarter/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。