様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubイベントレポート】

様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubイベントレポート】

先日、東京本郷を拠点にするブロックチェーンスタジオHashHubで「OSS Meetup」が開催されました。暗号通貨・ブロックチェーンの世界には、無料で公開される多数のオープンソースソフトウェア(OSS)があり、普段ユーザー視点では中々意識されないオープンソースに関連する開発や様々な事情に焦点をあてたイベントです。

世界中のOSS開発者が暗号通貨やブロックチェーンの世界では協力、貢献し合い、進化させています。ただし、そんなOSSの世界ですが、そもそもオープンソースとは?といったところ、その経緯や関わっている人たちのモチベーションや課題意識について知っている人は実はそんな多くないように思えます。

オープンソースの歴史や現状を理解することは、そのまま暗号通貨・ブロックチェーンの世界で起きていることをより正確に理解していくことにもつながります。

本コラムでは、当日の一部のレポートをお伝えします。

オープンソースソフトウェア(OSS)で薄く作る暗号通貨サービス

無料で公開されているオープンソースソフトウェア(OSS)を用いて、様々なサービスが成り立っているという実例を紹介する発表がこちらです。講演者のすなぎも氏は、TwitterBotサービスである、オダイロイド1号(@odairoid_001)とモナパちゃん(@monapachan)の開発者です。

様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubミートアップレポート】出典:Twitter|@odairoid_001

オダイロイド1号は、お題を与えて、何かそのお題に対して採用された人はモナコイン(MONA)がもらえるtip botです。利用イメージとしては、下記のようになります。

様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubミートアップレポート】
出典:Twitter|@odairoid_001

様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubミートアップレポート】出典:Twitter|@monapachan(もなぱちゃんは、Monapartyトークンのtipbotです)

すぎなも氏いわく、これらのサービスは「OSSのおかげで薄いアーキテクチャで作られている」といいます。

様々な暗号通貨サービスはOSSを用いて作られる【HashHubミートアップレポート】

安全にブロックを参照できるAPI、ローカルで処理を行うためのライブラリ、これらがOSSで提供をされているから、これらのサービスが運用できているということが説明されました。

発表スライドはこちらから参照できます。

その他も色々なサービスがOSSありきで成り立っている

このことは上述のサービスに限った話ではなく、様々なサービスがオープンソースソフトウェア(OSS)ありきで成り立っています。Placeholder(プレースホルダー)の創業者であるChris Burniske氏は、Coinbase(コインベース)とCircle(サークル)が作成しているStablecoin(ステーブルコイン)の実装には、zeppelin_osが使われていることを指摘しています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

同氏は上述のスレッドで、コインベースのような企業は、オンデマンドによる低コスト、オープンソース活用による俊敏さで、グローバル規模の立ち上げをしてポジションを確立すると説いています。

そして、そのコインベースについては、オープンソースファンドをローンチしています。同ファンドでは、利益追求するようなファンドではなく、オープンソースソフトウェアをサポートすることを目的としてファンドです。

参照:Coinbase Open Source Fund: Ruby Edition

このように、オープンソースの上でスタックして作られる暗号通貨サービスは数多くあります。普段、ユーザーとして使っている人もそれは忘れるべきではないですし、OSSを利用している企業もそれをどのような形で開発者に返すかは、各プレーヤーが模索するべきではないだろうかと思います。

▼その他過去のHashHubイベントレポート
将来Lightning Networkなどで出来るようになる事は?【HashHub イベントレポート】
オープンソースブロックチェーンのHyperLedger解説【HashHubイベントレポート】
コミュニティ運営から作るブロックチェーン経済圏【HashHubイベントレポート】


今回会場になったHashHubはブロックチェーン業界で働く人のためのコワーキングスペースも運営をしており、デスクメンバーシップや、ブロックチェーンエンジニア学習講座の参加を募集しています。

HashHub

※お問い合わせはHashHub

関連:ブロックチェーンを愛する者たちよ、東京に集結せよ!スタジオ型コワーキングスペース「HashHub」

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。