仮想通貨の市場が全体的に盛り上がる!Bull(強気な)相場入りなのか?

仮想通貨市場の盛り上がり、注目の材料とは?

ビットコインキャッシュ(BCH)の大きな上昇にはじまり、次にリップル(XRP)が続き、そして仮想通貨市場が全体的に盛り上がってきました。

世界大手のマイニング企業、ビットメイン(Bitmain)の新ASICもリリースが今週となると報道もあり、さらにビットコインキャッシュ(BCH)は上昇しております。目先、7万円をつけた展開です。来週にはハードフォークも控えておりまして、材料は多いです。

ビットコインキャッシュ(BCH) 現在の価格を確認する

またリップル(XRP)も続くようにして上昇しました。こちらはメルマガにも先日書いたのですが、ビットコインキャッシュ(BCH)が上がると一定期間をおいてリップル(XRP)買いを投機筋が仕掛けてくる傾向があります。

この逆もしかりで、リップル(XRP)が大きく上がるとビットコインキャッシュ(BCH)も大きく上がる傾向がこの1年、多くありました。こういった経験から今回も?と感じて配信をしていたのですが、その通りになりました。

リップル(XRP)の現在の価格も確認する

昨晩からビットコインキャッシュ(BCH)がさらに一段高になってきております。次もまたリップル(XRP)のターンがやってくるのでしょうか?(笑)押し目は買うと良さそうですね。

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャート、一目均衡表分析出典:DMM Bitcoin

ビットコイン(BTC)の日足チャート分析です。下降トレンドラインを右に抜け、そして、じり高の推移をしておりましたが、今回のクリプト市場全体の盛り上がりもあってビットコイン(BTC)も上昇をしてきました。

ようやく雲の中に突入です。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

一目均衡表の見方・分析方法

一目均衡表の見方

一目均衡表はこのように、使い方として3つの買いサインが存在します。

特に3が成立したときはトレンドが強くなる傾向がありますが、現状は1と2のみを達成中です。

もう一度、先ほどと同じ画像を表示します。

ビットコイン(BTC)日足チャート、一目均衡表分析出典:DMM Bitcoin

1は現在のローソク足実体の下に位置している基準線と転換線(黄色)です。転換線は上に抜けてきております。

2は遅行線が添付チャート、水色の楕円部分です。

3の条件を達成するには、ローソク足の実体価格が雲を抜けなければなりません。

チャート上に記載した通り、雲の上限は75万円より少し上で推移しております。

ここはレジスタンスラインが引けるポイントでして、抵抗体となる条件がいくつか重なっております。

それ故、一度に抜けてくるには少々難易度が高いのですが、抜けてきたときはさらなる上昇が見込めるでしょう。イメージとしては、矢印で描いた通り、75万円手前に一度止められて抑えこまれるものの、浅い押し目を作って再度75万円ラインをトライするように感じます。

サポートラインは72~72.5万円です。ここをバックに買いを意識して指値注文をしておくと良いのではないでしょうか。

RCIも見ておいてください。RCI26(水色)は中期の勢いを図るオシレータです。+80%ラインを超えてくると、トレンドが加速しやすい傾向にあります。

またRCI52(黄色)は中央線である、0.00の中央値を超えてくると、トレンドが加速しやすい傾向もあります。

タイミングが同時に合ってくると更に◎です。こちらも意識しておくと良いでしょう。

今日から週末にかけてチャンスがいくつかありそうです。ようやく市場全体が少しずつ盛り上がってきました。年末に向けたリスクオン相場に期待しましょう!

参考資料:https://coinchoice.net/hiropi-btc-analysis-20181107/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。