アフリカ諸国のブロックチェーン事情、Bithub AfricaとADAFの事例からみる考察

センタリング

アフリカにおけるブロックチェーンのエコシステムは成長を続けており、ブロックチェーン技術を適用する新しい方法を見つけている地域もあれば、ブロックチェーンの規制を行う方法を模索している地域もあります。この記事では、アフリカのブロックチェーン活用を推し進めている事例として、Bithub Africa(ビットハブアフリカ)とThe African Digital Asset Framework(ADAF)を挙げて、考察します。

マイニングに必要な電力を太陽光発電で補うプロジェクト

ブロックチェーン技術を利用するスタートアップ企業であるBithub Africa(ビットハブアフリカ)は、仮想通貨について調査を進め、マイニングによる環境悪化効果を削減する事業を展開しています。創業者であるジョン・カランジャ(John Karanja)氏は、マイニングに必要な電力を太陽光発電で補う方法を見つけました。マイニングは、電力消費が大きく、マイニング機器が発する熱と騒音のため、しばしば批判されており、環境への悪影響が懸念されています。

同社の太陽光発電のプロジェクトは、一般家庭でも利用できる簡単な設定で行うことができます。それは、ほとんどの地域社会にとって信頼できる水準であることが証明されているので、太陽光発電の利用はアフリカ諸国で増加しています。カランジャ氏は、太陽光発電がマイニング企業の周辺環境に及ぼす悪影響を和らげるだけではなく、高価な電力料金の請求を削減することができると考えています。

カランジャ氏は、太陽光発電プロジェクトを推し進めるにはいくつかの課題を解決する必要があると認めています。例えば、曇天や雨天に操業が中断されることなどです。Bithub Africa(ビットハブアフリカ)は、3年前の設立以来、ケニアや他アフリカ諸国でのブロックチェーンの採用を拡大するように努めてきました。また同社は、エネルギーあるいはファイナンス分野のクライアントに対して、ブロックチェーンを利用したソリューションを開発しています。

アフリカのブロックチェーン技術の標準化を推し進める

The African Digital Asset Framework(以下、ADAF)は、今月2日に正式にプロジェクトをスタートしました。同プロジェクトの目的は、アフリカ諸国と域外のアフリカ人を繋ぐ、コンプライアンスを重視したクロスボーダー・ブロックチェーンの構築です。

ここ数年アフリカにおいて、ブロックチェーン技術の普及と利用にフォーカスした人々は少なくありません。彼らの尽力により同地域では、暗号化されたクロスボーダー・トランザクションやP2P(Peer-to-Peer)ネットワークが推進されています。アフリカ諸国の政府は、国境を超えた取引を円滑にするブロックチェーンのポテンシャルを引き出す明確なガイドラインを確立して、調整を進める必要があると望んでいます。

ADAFは、アフリカにおけるブロックチェーン産業の中立的な標準と規制を推し進めるために存在します。ADAFの共同設立者であるフェリックス・マチャリア(Felix Macharia)氏によると、アフリカ諸国は現実に沿った新しい法律、標準、規制を作成することで、多くの利益を得ることができると言います。長期的には、ADAFはアフリカのスタートアップ企業や政府にとって、さまざまな管轄区域の金融規制への準拠を組み込むブロックチェーンを構築することで、物事を容易に進めたいと考えています。

ADAFの取り組みは、アフリカ開発銀行(African Development Bank)の国家メンバー、アフリカ連合(AU)の大使、そして大陸の部族によって支えられています。彼らは、自国の組織と連絡を取りつつ、ADAFと連携しています。さらに、ADAFはアフリカ諸国間の協力と交流を促進したいと考えています。つまり、各国がデジタルの所有権を採用し、デジタル化された経済を通じて、価値の交換を創出することを望んでいます。

これは、アフリカに住む人々だけではなく、他の大陸に住むアフリカ人にとっても恩恵があると期待しています。マチャリア氏は、アフリカ全域のパートナーと長期的にブロックチェーンのエコシステムを作り上げていくことを望んでいます。

アフリカ地域においてはリープフロッグ(かえる跳び)が起こりうる

アフリカ地域はお世辞にもあらゆる分野においてインフラストラクチャーが整備されているとは言い難いです。ただこれは、大きなチャンスとなり得ます。なぜならこのような場合において、リープフロッグ(かえる飛び)現象がしばしば起きるからです。リープフロッグとは、通常技術は段階的な進化を遂げるが、遅れてやってきた者が途中の段階を全て飛び越えて、一気に最先端の技術へと進化する現象のことです。つまり、ブロックチェーンという新しい技術が、インフラが未整備であるがゆえに、急速に普及する可能性があるのです。このように、アフリカ地域のブロックチェーン領域におけるポテンシャルは決して侮れません。

(文・師田賢人

関連:仮想通貨は銀行口座を持たないアフリカ地域の人々の希望になるか?

参考:CoinGeek


この度 無料メルマガ『週刊Crypto Journal』配信開始しました。このメルマガでは、仮想通貨/ブロックチェーンの注目ニュースをピックアップしてわかりやすく解説します。配信は、毎週日曜22:00ごろです。詳細→ 『週刊Crypto Journal

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。