リップル!またしても素晴らしい発表!

1 

PDX Coinと広く見なされているPetrolDollars(PDX)は、ホワイトペーパーで、リップルのxCurrentとxRapidを技術的バックボーンとして実装すると発表しました。

独立して認証された回復可能な石油とガスの埋蔵量によって裏付けられた新しく作成され、法的にサポートされたデジタル通貨は、Signal Capital ManagementとスイスのZugの姉妹会社PDX AGと米国のOilCo Acquisition Holdings Inc.

シグナル・キャピタル・マネジメントは、株式非公開のニューヨークに拠点を置く投資および持株会社で、個人口座および幅広い資産クラスの投資を行い、管理しています。

開始されたPDXコインは、個人や団体が、独立して認定された原油と天然ガス埋蔵量を裏付けとした透明なデジタル通貨を、生産現場で、あるいは開発準備のために簡単に使用できるようにするプラットフォームです。

PDXがリップルのxCurrentとxRapidを使う方法

リップルのxCurrentについて言えば、「PDXはリプル独自の「xCurrent」グローバル・インター・バンキング・ラーニング・メッセージング・プラットフォームをライセンスして利用することができ、グローバルな支払いと転送を迅速かつリアルタイムで効率的に行うことができます。

同様のラインでは、「PDXは、PDXを安価かつ迅速にリアルタイムで交換できるようにする、Ripple独自の「xRapid」プラットフォームをライセンスして利用することもできます。

大企業は現在、XRPで存続するブロックチェーンの送金ツールであるxRapidを統合しています。その中には、MercuryFX、Cuallix、Catalystコーポレート連邦与信連合、最近ViamericasとバーレーンのSADADが、xRapidを使用してプラットフォーム上で国境を越えた支払いを行うことを発表しました。

これらの企業はすべて素晴らしいですが、ViamericasはxRapidの採用を発表する最高の企業の1つです。同社は、送金、小切手処理、請求書支払いのための免許を受けた国際的な送信機です。

これらの企業が使用するxRapidは、国境を越えた送金のコストを削減し、またSWIFTよりもはるかに高速です。

Viamericas、Cuallix、IDT、MercuryFXなどのグローバルペイメントプロバイダーは、xRapidの優れたパフォーマンスについてコメントしながら、xRapidを使用して流動性コストを大幅に削減し、業界初のリアルタイム支払いを提供しています。

参考資料:https://oracletimes.com/huge-for-xrp-petroldollars-pdx-to-implement-ripples-xcurrent-and-xrapid/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。