ボッシュ、IoTデータ収集用の新しいデバイス接続性であの暗号通貨を推奨

多国籍のエンジニアリングとエレクトロニクスの大手Boschは最近、リアルタイムIoT(Internet of Things)のデータ収集と販売のために、Iota市場で動作する新しいデバイス接続方法を強調しました。

IOTAマーケットプレイスのデータ収集

最近のブログ記事では、1999年にノーベル賞受賞者のミルトン・フリードマンが1999年に引用した匿名の資金をインターネットで転送していたことが浮き彫りになりました。Iotaの生態系、Bitcoinに対する利点、そしてなぜパートナーとして選ばれたのかについて、引き続き詳しく説明しました。

「革新的なIOTA Tangleテクノロジを使用することにより、スケーラビリティが向上し、より多くのアクティビティが実行されるにつれて、より迅速かつ安全になります。したがって、物事のインターネットのための深刻な取引決済とデータ転送層です “とブログが付け加えました。

‼️Connected devices & data drive the future of our world. A very promising development in this area is taking place right now! Find out what you need to know about the powerful combination of @iotatoken, @xkd2mam & in this blog article: https://www.bosch-connectivity.com/newsroom/blog/xdk2mam/ 

247 people are talking about this

ボッシュによると、2020年までに200億台以上の相互接続されたデバイスが存在します。そのすべてが、計り知れない量のデータを生成し、企業のプロモーションビデオの状態として、「データは未来の原油です。アイオタの地方分権市場は、そのデータを収集し、「補償当事者」に利用できるようにすることを目指しています。システムのユーザーには、MAS(Masked Authenticated Messaging)によって転送されたこのデータを購入または販売するオプションがあります。

同社の貢献は、IoTデータをリアルタイムで収集できるプログラマブルセンサーデバイスであるXDK(Cross Domain Development Kit)です。これは、センサーテクノロジの範囲、WiFiなどの接続標準、およびほぼすべてのIoTセットアップで有効にするソフトウェアを組み合わせています。簡単な言葉で; 「Bosch XDKを使用すると、特定のリアルタイムデータを収集し、IOTAデータマーケットプレイスで販売することができます。

BoschハードウェアとIOTA市場のギャップを埋める

今まで2つのエンティティ間の接続性は問題でした。Bosch XDKセンサーとIota Marketplaceの間にはブリッジがありませんでしたが、現在はXDK2MAMの導入により解決されています。このプラットフォームは、暗号化されたMasked Authenticated Messagingを使用してHTTP、Bluetooth、またはUSBなどの既存の接続プロトコルを介してセンサハードウェアをIota市場に接続します。このコードはIotaコミュニティに提供されており、開発はIotaの概念を実現するための確固たる一歩を表しています。

IOTAのMIOTA暗号トークンは即座にリリースされ、その日の4%のジャンプで$ 0.50以上に達しましたが、それ以来少し戻ってきました。BinanceとBitfinexが大半の取引を呑み込んだことで、貿易量は4百万ドルから1,300万ドルに増加した。過去2ヶ月にわたり、MIOTAは0.45ドルから0.60ドルの範囲内に入っています。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/11/13/bosch-boosts-iota-with-new-device-connectivity-for-iot-data-collection/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。