日本の金融規制当局である金融庁の発表が厳しいなぁ…。

1 

計画

日本の規制当局、暗号違反のウォレットサービスを規制する計画を発表金融庁(FSA)は9日、第9回暗号解読研究会を開催した。代理店の公表された会議資料によると、議題に関する主要トピックの1つは、暗号化ウォレットサービスとそのプロバイダを規制する計画でした。

現在、日本の資金決済法では、買収や売却など、国内で暗号化関連の活動を行っている企業に対し、FSAとの暗号交換として登録する必要があります。

「ウォレットは、バーチャル通貨を保管する銀行口座のようなものです」と、Itmediaの出版物は詳述しています。ウォレットサービスプロバイダーは交換会社のような大量のバーチャル通貨を扱っているが、「法律や規制の対象にはなっていない」と述べている。

FSAは、現在の法律は、クリプトカルトを購入または販売していないため、ウォレットサービスプロバイダーには適用されないと説明しました。しかし、彼らは支払いを管理しているため、金融機関は金融規制が必要であると考えている。

日本の規制当局、暗号違反のウォレットサービスを規制する計画を発表この会議で発表された計画は、ソフトウェア・ウォレット開発者やハードウェア・ウォレット・メーカーではなく、サービス・プロバイダーに焦点を当てています。多くの財布はコードとしてのみ存在し、リーダーシップやその背後にある企業は特定されていません。

財布サービスの規制は、FSA(Financial Action Task Force)によって設定されたマネー・ロンダリング防止とテロ資金調達を防止するための国際基準に沿ったものとなる。同代理店は、暗号交換、ウォレットサービス提供者、および初期コインオファー発行者に関する勧告を含む「改定FATF基準」を課す必要があると書いている。

実装

グループは、サイバー攻撃中の資金の盗難、ウォレットの破損、マネーロンダリング、および暗号交換によって共有される他のリスクなど、ウォレットサービスに関連するリスクについて議論を進めました。

日本の規制当局、暗号違反のウォレットサービスを規制する計画を発表可能な規制手段には、内部統制システムの維持、サービスプロバイダーと顧客に属する暗号化通貨の個別管理、財務諸表の監査、盗難時のポリシーの公表、顧客の返済資金の維持などがあります。

財布規制導入の移行期についても議論した。この間、サービスプロバイダーは、サポートされている新しいビジネス、顧客、またはコインを追加することはできません。さらに、ウェブサイトに登録ステータスに関する通知を掲載する必要があります。登録を拒否する人は、ウェブサイト上で宣言し、会議文書によると「事業が廃止されることを示す」必要があります。

参考資料:https://news.bitcoin.com/japanese-regulator-cryptocurrency-wallet/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。