Amazonとあの超大手銀行がコラボして暗号通貨系の特許所得

1 

2つの機関の巨人が、暗号通貨関連の特許を所得しました。

Bank of America(BofA)はエンタープライズアカウントの暗号化ストレージプラットフォームの特許を取得しました。

一方、Amazonは、暗号化とデータ保管のための特許を取得しました。

バンク・オブ・アメリカの特許

BofAは2014年に承認申請を行い、エンタープライズアカウントがクライアントの暗号を集約して格納する方法について説明します。

特許出願によれば、「技術が進歩するにつれて、暗号化を含む金融取引がより一般的になってきている。一部の企業では、企業アカウントに顧客が保管した暗号侵害を集約することが望ましい場合があります。

また、取引を行い、アカウント内の通貨変換する可能性も強調しています。

2月に米国証券取引委員会に提出され報告書では、BofAは暗号が伝統的な銀行にとって脅威であることを強調した。BofAは様々な暗号とブロックチェーン関連特許を提出しています。

「ブロックチェーン/分散型の元帳スペースでは50件以下の特許が取得されています。我々は大規模な機会を見つけることはできませんでしたが、我々はそれに先立ちたいと思っています。私たちは準備が整いたい」とBofAは今年6月に言った。

Amazonは2つの特許を所得しています

Amazon の最初の特許は4月に提出され、デジタル署名と暗号化された通信の完全性を保護するために、ユーザーの署名にセキュリティが追加されています。

「…署名機関は、暗号鍵のブロックを承認された署名代理人に配布する鍵配布サービスを提供する」と、Amazonの特許は説明している。

Amazonは、暗号化システムの基盤となる暗号スペースの構造である「Merkle Tree」を使用する予定です。

これはペアのデータをハッシングすることによって構築され、Merkleルートであるハッシュが1つだけ残るまでペアリングとハッシングの結果が生成されます。

プロセス全体は、最も安全で効率的な方法でデータを検証することを第一の目標としています。

Amazonの2番目の特許は2015年12月に提出されました。これは、データをシャード内のデータを収集し、グループ化して配布することに重点を置いています。これらの技術は、データ記憶システムのグリッドを拡張するために設計されています。

参考資料:https://oracletimes.com/institutional-giants-amazon-and-bank-of-america-won-crypto-related-patents/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。