シンガポール、Cryptocurrency Payment Servicesの規制枠組みを完成

1 

暗号化支払いサービスの規制

シンガポール、Cryptocurrency Payment Servicesの規制枠組みを完成中国の中央銀行であるシンガポール金融通貨局(MAS)は月曜日、決済サービスの新しい規制枠組みを確定したと発表した。ペイメントサービス法案は、ペイメントサービスのイノベーションのためのより助けになる環境を提供する一方で、ペイメントバリューチェーン全体のリスクを軽減することを保証する」と中央銀行は説明した。この法案は、文部科学大臣とMAS理事であるオング・イ・カン(Ong Ye Kung)によって議会に提出された。

現在の規制外にある暗号化サービスプロバイダは、新しい規制の枠組みの下でライセンス供与を受けることが期待されます。同氏は、「Grabpay、bitcoin、ethereum などの電子財布やデジタル決済トークンに影響を及ぼすことが予想されている」と指摘した。

法案で規制される活動には、口座や電子マネーの発行、シンガポールの内外への送金、プラットフォームを使用する商人の買収、お金の変更、デジタル決済トークンの取扱いや交換などが含まれます。ビットコインとして。

並列フレームワークとライセンス

シンガポール、Cryptocurrency Payment Servicesの規制枠組みを完成中央銀行の発表によれば、法案は2つの並行した規制の枠組みで構成されている。第1のアプローチは、中央銀行が「財務の安定性と効率性の理由から、システム的に重要な決済システムを規制する」ことを可能にするものである。いずれの時点でも、サービスプロバイダーごとに1つのライセンスが必要であるとMASは指摘しています。

Straits Timesは、決済サービスプロバイダーが、チェンジャー、標準支払機関、または主要な決済機関のいずれかのライセンスを申請しなければならないと説明しました。前者の2つは、主にマネー・ローンダリングとテロ資金調達のリスクについて規制され、後者はより包括的に規制される。「決済サービスプロバイダは、取引量に応じて、標準または大手決済機関に申請することができます。

MASは、新しい法律が施行された後、支払いサービス提供者が変更を遵守するまでに最大12ヶ月を要する。デジタル支払いトークンを提供する人には、6ヶ月の猶予期間が与えられます。

参考資料:https://news.bitcoin.com/singapore-regulatory-framework-cryptocurrency-payment-services/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。