仮想通貨市場は戻り売り相場、ビットコイン(BTC)は40万円台のレンジ形成か?

仮想通貨市場は戻り売り相場、ビットコイン(BTC)は40万円台のレンジ形成か?

仮想通貨の値動き、注目ポイントとは?

先週から下落相場は続いております。
ビットコイン(BTC)は40万円~45万円のコアレンジに移行した可能性があります。

現在のビットコイン(BTC)価格・チャートを確認!

値動きも50~55万円台のころとそっくりな動きです。
この後すんなり40万円を明確に割り込むか注目ですが、ドル建てでは4,000ドル近辺で推移です。4,000ドルをしっかりと回復しきれるかによって次のサポートラインは3,500~3,600ドルを意識した展開が予想されます。

まだ日足チャートを見てもただの下落トレンドです。買い向かうにも日足ベースで1週間以上、似たような価格帯で推移しなければ買い向かうことはできません。買いトレードはもう少し待ったほうが良さそうです。

順張りトレードというわけで、レバレッジのショート戦略を建ててみました。

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャート分析"出典:BITPoint

ビットコイン(BTC)の日足です。際立ったポイントにラインを引きましたが、そのポイントが46万2,000円~46万3,000円近辺です。国内の取引所によっては高値に多少誤差がありますので、キリよく46万円程度を覚えておいてください。

今週の戻りの目処はこのポイントとなりそうです。

あっさりとこのポイントを上抜けるのはタイミングよくグッドニュースが流れない限り無理でしょう。一度ラインをタッチする場合は、FX勢の新規売り圧力が強くかかるでしょうから、一度売り戻されそうです。

今週後半はこのポイントに新規売りポジションを一つ置いてあります。

ビットコイン(BTC)1時間足チャート分析

ビットコイン(BTC)1時間足チャート分析出典:BITPoint

ビットコイン(BTC)の1時間足に時間軸を落としてみました。直近、本日~明日の値動きを予測していきます。

現在、1時間足ベースで引ける重要なレジサポライン(レジスタンスライン・サポートライン)は44万円付近で推移をしております。個人的にはここは短期的な売りポイントだと考え、ショートをしました。

ここを抜けた場合は即損切りし、さらに46万円で再度売るスタンスで準備をしている状態です。下値の目処としては、直近は405,000円~410,000円あたりでしょうか?

サポートラインが引けるポイントの少し上で利益確定売りをセットしておくと良いでしょう。

さらに下を抜けた場合、このブレイクがダマシになるか、再び急落するかは判断が難しいところですが、個人的にはもう1度ぐらいは往復してレンジの値動きをするのではないかと感じます。

デイトレでは戻り売りのレンジトレードを。スイングトレードはショートポジション持ったまま、少額の売り持ちで良いのではないでしょうか。

ビットコイン(BTC)のリアルタイム価格やチャートを見る>>

チャート画像は全て「BITPoint(ビットポイント)」を使用、取引所の詳細はこちら>>

関連
一週間前の記事:ビットコイン(BTC)が大底割れ、世界は仮想通貨に少々嫌気?
大幅下落のビットコイン(BTC)・仮想通貨相場、年末までの心構え

▼ひろぴーさん、メルマガ『読む仮想通貨ストラテジーレポート』をオープン
ひろぴーの読む仮想通貨ストラテジーレポート

Source: 仮想通貨ビットコイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。