リップルに大型投資!

1 

Blockchain技術を使って国の証券業界を変革する一連のサービスを提供する米国の新興企業が、Ripple(XRP)、Coinbase Ventureなどの有名な暗号投資家から1275万ドルのシリーズAファンドを調達したと発表した会社。

このアップデートによれば、トークンの「小さな割合」を主とする金額換算通貨である投資は、ブロックチェーンの資本によって先導された。同社はまた、トークンは後に平等に変換されるか、安定した状態で保持されることに注意した。

RippleはRippleのXpringファンドを通じて会社に投資していたが、第3の会社は日本のGlobal Brainとして知られている。

Securitize呼ばれるスタートアップは、企業がブロックチェーンベースのセキュリティトークンを作成するのに役立ちます。

Spice VCの共同設立者であり、Telefonicaの研究開発部門元CEO でもあったCarlos Domingoは、米国の証券業界を混乱させることを目的としてSecuritizeを設立しました。

ドミンゴ氏は、「ブロックチェーンは、単に証券取引のより良い方法だ」と述べている。

ICOは一連の問題に直面していますが、証券化、流動性、透明性、および効率的なプロセスを提供するために、Securitizeは株式をトークン化します。したがって、投資家はより容易かつ透明な方法で株式を売買することができるようになります。

証券化サービスには、規制管理プロセス、トークンの開発、投資家向けサービス、スマートコンタクトなども含まれます。これにより、企業は「デジタルセキュリティオファリング」(DSO)というレシピでセキュリティトークンを公開することができます。

企業をトークン化するための枠組みを提供しているにもかかわらず、Securitizeは取引の理由、まさにそれが多数の取引所からの投資を受け入れた理由を免除されます。

ドミンゴ氏は、TechCrunchとのインタビューで、SECによる最近の発表は、セキュリティトークンのアイデアを支持するようだと語った。彼は、アイデアのユースケースは暗号侵害を超えていると主張した。

「チャンスはブロックチェーン企業だけではありません。これらは初の発動機ですが、大きなチャンスは民間株式と公開株式をデジタル化することです」とドミンゴ氏は述べています。

ドミンゴは、デジタル証券を一般に公開するためのCoinbaseのような取引所の導入により、コースは別のレベルになると考えています。

以前、Coinbaseの CEO 、Brian Armstrongは、Techcruchに、彼の会社は暗号証券を購入し取引するための事実上の市場であることを目指していると語った。

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-xrp-coinbase-invest-in-start-up-revolutionising-us-securities-industry/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000052257

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。