SWIFTは遅延とエラーを無くすために国際送金の手段としてシステムをあの通貨と競合

1 

世界的な決済ネットワーク、Worldwide Interbank Financial Telecommunication(SWIFT)の協会は最近リップルに挑戦しているようです。

リップルに挑む

彼らは現在、リップルとより似た新興クロスボーダー決済のスタートアップに対抗するように設計された新しい支払いシステムをテストしています。

Financial Timesは、SWIFTは現在、金融機関が今回の二国間でデータを共有できるようにすることで、ネットワーク上のエラーや遅延を減らすように設計された全く新しいシステムを試行していると報告しました。

期待どおり、彼らのシステムはブロックチェーンに基づいているのではなく、支払いが行われる前に銀行口座番号をチェックするために金融機関が相互のデータにアクセスできるようにするアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を使用します。

このすべての主な目標は、支払いネットワークを遅くするために使用された遅延を削減することです。

これにより、SWIFTの嫌悪者とその主な競争相手であるRippleは間違いなく沈黙するでしょう。

RippleのCEOは、その技術が長い間進化していないことを二度以上述べました。さて、SWIFTは誰もが間違っていることを証明しているようです。

SWIFTは他のプレイヤーにもプレッシャーをかけています

リップル以外にSWIFTはTransferWiseやRevolutなどのfintechからのプレッシャーを感じています。これはまたより良い、より速く、より安価な国境を越える支払いを提供することを目指しています。

現在、JPモルガンを含む15の銀行が審理に参加しています。

スイスのCMO Luc Meurantは、新しいシステムは間違いなく国境を越えた支払いをはるかに迅速に処理できると述べた。

「フォーマットが整っておらず、情報が不足している支払いが残っていることがわかっている」

同氏は、「チェーンの後半で修正し支払いを遅らせるのではなく、できるだけ多くの問題を(事前検証で)予測し、支払いをより迅速に処理できるようにする」と続けた。

JPモルガンはこのSWIFTトライアルに参加していますが、インターバンク情報ネットワーク(IAN)と呼ばれるブロックチェーンベースの決済プラットフォームも作成しています。これは現在130の銀行ネットワークでテストされています。

参考資料:https://oracletimes.com/swift-competes-with-ripple-using-a-new-cross-border-payment-system-that-could-eliminate-delays-errors/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。