続くベアマーケットで試練を迎えるブロックチェーン企業、下落相場とビジネスへの影響

最近のブロックチェーン界隈のニュース

分散型SNSのスティーミット(Steemit)は、70%以上の従業員をカットしたと発表しました。同プロジェクトのトークンは、ピーク時からドル建てで90%以上の値下がりをしています。設立者のネッド・スコット氏(Ned Scott)は、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画で、ストラクチャーや組織設計の変更も必要であるとコメントしています。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の開発にコミットをするチームであるETCDEVは、今後開発チームに人員を割けないとアナウンスをしました。とはいえ、イーサリアムクラシックはオープンソースのプロジェクトであり、他にもIOHKやETC Co-op、 ETC Labsなどコミットしているチームが存在しており、イーサリアムクラシックが解散するわけでは全くありません。

イーサリアム(Ethereum)のペイメントチャネルを使用して、アダルト動画をマイクロペイメントするスパンクチェーン(SpankChain)も、マーケットの変化を懸念して、チームをダウンサイジングしたとアナウンスをしました。バーンレート(月々の支出)を大幅に削減しています。

Of course. Would be happy to speak on the record about what changes you’re making to the business model to make this a sustainable business.

I’m not ready to discuss just yet, but if you’re willing to correct the article to reflect that it was actually only a 30% downsize (12 -> 8) and not a 60% one, I’ll consider you a friendly and go on the record with you to discuss when I am.

👹 Ameen Soleimaniさんの他のツイートを見る

仮想通貨の下落相場による悪影響

マーケット参加者やトレーダーも、それぞれ純資産が減っていき悲しいというのもあると思いますが、ビジネスへの影響も大きく、そちらにマインドシェアを取られているプレイヤーは多いでしょう。相場と業界のビジネス環境はさまざまな観点で相関します。相場下落により考えうる負の影響は、例えば下記です。

  • スタートアップの調達バリュエーションが抑えられる
  • ファンドからのブロックチェーンプロジェクトへの投資が渋くなる
  • ファンドにLPが集まらなくなる
  • 特に中華系のファンドはファンド解約、リクープのサイクルが早く、相場下落時にお金の渋くなるのが特に目立つ
  • ファンドやICOマネーがありきであった事業、例えば スマートコントラクト監査なども売り上げが滞る
  • リテールのユーザーも減る。
  • 取引所も新規ユーザー獲得コストは高くなり、メディアはPV減る

さて、この中でもしっかりとプロジェクトを頑張ることができるかどうかは起業家の能力であると言えます。

ブロックチェーン企業各社にとっては、ビジネス設計能力や胆力など多くのものが問われるフェーズとも言えるかもしれません。

参考資料:https://coinchoice.net/blockchain-companies-faced-hardship-with-bear-market/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。