ビットコインの取引量、ほとんどの取引所で90%超の水増しが観測される

暗号資産市場の調査を行うBLOCKCHAIN TRANSPARENCY INSTITUTEは、コインマーケットキャップ(CMC)上に表示されるビットコイン(BTC)ペアの取引量のほとんどがウォッシュトレーディングにより水増しされているとの調査結果を公表した。

CMCに表示されるBTCペアの取引量上位の取引所でウォッシュトレーディングが行われていないのはBinanceとBitfineだった。ほとんどの取引所の取引量は実際の10分の1以下であるとの衝撃的な調査結果が報告された。

BLOCKCHAIN TRANSPARENCY INSTITUTEは、取引所のウェブサイトのトラフィックデータを取得し分析している。また、Google Analyticsを活用し月次のユニークユーザー数を取得し、APIトレーディングの割合やモバイルユーザー数などのデータも実際の取引量を算出するために活用した。

ウォッシュトレーディングとは、偽の買いと売りの注文を約定させ偽りの取引を演出することを指し、市場を操作する目的で行われる。暗号資産市場ではCMCの取引量ランキング上位に食い込むと注目度が上がるため、ウォッシュトレーディングがマーケティング手法の一種として利用されている。

トークンを上場させる際、取引所がプロジェクトの運営者に手数料を要求することで収益を上げるビジネスモデルが流行しているため、取引量を釣り上げることが運営者へのアピールにもなる。上場手数料の平均は5万ドルで、2018年を通じた手数料の総額は1億ドルに上ると見積もられている。

出典:BLOCKCHAIN TRANSPARENCY INSTITUTE

右端の% Real VolumeがCMCに表示される取引量と比較した実際の取引量だ。CMCに表示される1位のCoinbeneの日次取引量は2.2億ドルだが、実際は270万ドルと約100分の1だった。日本の取引所ではLiquidがCMCの上位にランクインしており、実際の取引量は表示されている約10分の1と報告された(ただし、当該ページの画像では11%だが、トップページの画像では100%と表示されている)。

BLOCKCHAIN TRANSPARENCY INSTITUTEが算出した実際の取引量に基づくランキング

BLOCKCHAIN TRANSPARENCY INSTITUTEが作成したBTCペアの取引量の上位はBinaceとBitfinexだ。日本の取引所としてbitFlyerは4位にランクインしている。

BLOCKCHAIN TRANSPARENCY INSTITUTEは、来年はより多くの暗号資産ペアの実際の取引量情報に関するレポートを発表するとしている。また取引所別のセキュリティに関する調査も行う予定だ。

参考資料:https://btcnews.jp/2zsqn8f621949/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング 


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。