Ripple(リップル)の採用は2019年はやばい!

1 

018年が終わりに近づき、リップルは今年のブログ記事を振り返ります。また、2019年のブロックチェーン技術の普及を期待しています。

リップルはブロックチェーンで突破の年を迎えた2018年を告げ、今年の開発は暗号市場の崩壊にもかかわらず偉大だと言いました。

2018年の重要な成果

サンフランシスコに本拠を置く同社によると、暗号市場の縮小は2019年には貧弱だと示唆していない。

彼らは今年、規制の役割が広がり、世界中の政府がブロックチェーンと暗号の可能性を認識していると信じています。

リップルは、ASEAN地域で行われた規制の仕事をより強調しました。

今年のフォーチュン500企業および機関投資家からの採用と主流の受け入れも取り上げられました。

その他の業績は、IBMとVisaがブロックチェーンに焦点を当てたイニシアチブを発行したのに対し、JP Morgan ChaseやGoldman Sachsなどのウォールストリートの大手企業もブロックチェーン業界を説明し始めたことです。

2018年にリップル自身の成功したマイルストーン

RippleNetは、6大陸40カ国に100以上の金融機関を結んでいます。また、XRPを使用したクロスボーダー支払いのオンデマンド流動性も提供しています。

同社のXRP対応製品xRapidはより安価で高速な国境を越えた取引を提供し、その採用者にはCatalyst Corporate Federal Credit Union、Cuallix、MercuryFXが含まれています。

リップルベースの成功したアプリケーションには、SantanderのOnePay FXとCoinOne Transfer’s Crossがあります。

これらは、ブロックチェーンベースの送金サービスの力を、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカを含む世界のより多くの場所にもたらすことができました。

RippleのSWIFTとの戦いに関して、Rippleの顧客BeeTechは、すべての送金回廊のSWIFT料金を完全に排除することができました。料金は20ドルから2ドルに下がった。

Rippleの顧客基盤は巨大な成長を遂げており、同社はインフラを構築し、ブロックチェーン市場の発展を支援するためにXpringを開始した。

2018年と今年のリップルの意見については、こちらをご覧ください彼らは、2019年が暗号とブロックチェーン技術に幅広い採用をもたらすと確信しています。 

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-addresses-the-main-reasons-for-which-2018-was-the-year-of-breakthroughs-in-the-blockchain-2019-to-bring-broad-adoption/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。