ワイン小売業者に日本の取引所買われる!

1 

事業の多様化と収入源の拡大のための買収

ワイン小売業者が日本のビットコイン取引所の株式を3,000万ドルで買収

マディソンはフランスの高級ワインの販売で人気の投資持株会社です。546百万ドル相当の価値のある会社は、証券取引所のジュニアセグメントである香港証券取引所の成長企業市場(GEM)に上場しています。同社はまた、コーポレートファイナンス活動、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、および資産運用にも関心を持っています。

Bitoceanは、日本の金融サービス機構との暗号取引所として登録されていますが、まだ取引を開始していません。GEMに提出された論文によると、今月中に、Madisonは経営陣が同社の「多様化戦略」の一部であると言っている「独立した第三者」から出資している。

サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)報告書には、HDRグローバルトレーディングの一部門である暗号取引所Bitmexの所有者であるHDR Cadenza Managementによる1714万ドルのMadison Labsへの51%の持分取得の計画も詳述されている。どちらの取引もまだクローズされていません。マディソンの会長、Raymond Ting Pang-wanは次のように述べています。

私たちのワイン事業は安定しており、収益性がありますが、それでもそれは小規模です。ワインの取引を大企業にするのは難しいです。だからこそ、私たちは金融テクノロジーと暗号通貨ビジネスに多様化しなければなりません – 私たちの株主にとってより良いリターンを達成するために。仮想通貨とブロックチェーンの人気が高まっています。仮想通貨セクターへの投資は、私たちの収入源を拡大します。

日本の強力な暗号規制に魅了

Pang-wan氏はSCMPに対し、同社の現在の市場の低迷を懸念していなかったと語った。BTCの価格は2017年12月の史上最高値の2万ドルから80%以上急落した。「ビットコインは安く、市場に参入する良い機会となりました。私たちは長期的に見ているので、短期的なボラティリティについては心配していません」と彼は述べています。

ワイン小売業者が日本のビットコイン取引所の株式を3,000万ドルで買収

彼は、世界の暗号通貨取引合計の約5分の1を支配する日本に入るという決定は、太平洋の島国における包括的な規制の枠組みの存在によって動機づけられたと述べました。「適切な規制の下にあるプラットフォームに投資したいと思っていました」とPang-wan氏は言います。

日本は、明らかに投資家の資金が盗まれることを防ぐために、暗号通貨業界にとって最も強い規制の枠組みの1つを構築しています。1月の5億3千万ドルのコインチェックハックは、同国の暗号規制における重大な転換点を示しました。今日、日本には自主規制機関である仮想通貨交換協会がありますが、金融サービス局とのライセンスを申請する取引所は厳密な検証プロセスを経なければなりません。

SCMPの報告によると、香港証券協会の会長であるGary Cheung Wai-kwok氏は、次のように述べています。より高い所得を達成するために会社が事業を多様化することは意味があります。」 

参考資料:https://news.bitcoin.com/wine-retailer-to-buy-majority-stake-in-japanese-bitcoin-exchange-for-30m/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。