★社が日本の暗号市場への参入を目指す

1 

190社以上が欲しい

日本の金融サービス機構(FSA)は水曜日にnews.Bitcoin.comに暗号通貨事業者として登録することへの関心を表明した企業の数を確認した。FSAは言った:

登録に関する予備的な協議/問い合わせを含め、190社を超える事業者が市場参入の意向を表明しています。

190社が日本の暗号通貨市場への参入を目指すこの数は、代理店が8月に明らかにした前回の数より30社多い。当時、金融庁、160社が日本の暗号通貨市場に参入する意向を表明していたと述べました。

FSAは特定のアプリケーションについては話し合っていませんでしたが、一部の企業は暗号関連ビジネスを始める彼らの計画に関して自ら発表しました。その中には、Line Corp.、Yahoo!などがあります。日本、Money Forward、Drecom、Yamane Medical、Adways、Avex、Samurai&J Partners、Appbank、アイフリークモバイル、Forsideそして、Fasteps Co. Ltd.

日本の変化する暗号風景

190社が日本の暗号通貨市場への参入を目指す現在日本には16の登録された暗号交換があります。改正されたペイメントサービス法の下では、暗号事業者はFSAに登録しなければなりません。日本にも3つのみなしディーラーがあります。これらは、規制当局による申請の審査中に操作を許可された会社です。彼らはコインチェック、ラストルーツ、そしてみんなのビットコインです。

190社が日本の暗号通貨市場への参入を目指す9月に規制された暗号取引所Zaifがハッキングされ、その後別の規制された取引所、Fisco Cryptocurrency Exchange Incに引き継がれましたBittradeは最近Huobiに買収され、Huobi Japanとしてローンチ中です。Madison Groupは別の登録取引所であるBitoceanの株式を取得する計画を発表しました。さらに、Ceresは木曜日に、来年春に共同サービスを開始するために暗号交換機Xthetaと資本提携することを発表した。

みなしディーラーの中では、Coincheckは1月にハッキングされた後にMonex Groupに買収されました。みんなのBitcoinはメガEコマースとインターネットの巨人Rakuten Incに買収されました  買収にもかかわらず、金融庁は水曜日にnews.Bitcoin.comに日本が現在16の登録された暗号交換をまだ持っていることを確認した。

DMMとGMO

190社が日本の暗号通貨市場への参入を目指すDMM Bitcoin(規制のある暗号取引所)の親会社であるDMM.comは火曜日、Cointapアプリの発売を中止すると発表した。同社は1月にこのサービスへの登録を受け入れ始め、当初は春にアプリをリリースする予定だった。電子商取引の巨人は、同グループはDMM Bitcoinで暗号取引サービスを提供し続けることを強調した。

190社が日本の暗号通貨市場への参入を目指す暗号取引所GMO Coinの親会社であるGMO Internetも   火曜日、暗号通貨マイニングマシンの開発、製造、販売を中止すると発表した。しかし、GMOは、この決定はGMOコインによるサービスや10月発表されたその円札付き安定コインの開発には影響しないと述べた。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/190-companies-japanese-cryptocurrency-market/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。