2019年の経済動向を経営者たちがこう考えている!

2019年の経済状況は「好転するのか?」それとも「悪化するのか?」

経営者が考えるテーマは、やはり

・米中貿易戦争
・英国のEU離脱

米中の貿易戦争は米国の中国に対する関税などによる制裁で、中国の経済が縮小する可能性があります。

そうすれば、日本としても中国製品の中に使用されているデバイス(部品)の販売が

縮小し、日本企業にも間接的に打撃になります。

逆に中国のアメリカに対する制裁とし、アメリカ製品の販売規制措置などあれば、

先日の「Apple社の売上下方修正」そして、「急激な円高ドル安」という方向に進む可能性もあり、

輸出産業の強い日本にとっては、これまた大きな打撃になります。

また、もう1つのテーマである

「英国のEU離脱」ですが、日本にとってイギリスは、アメリカ、中国、オランダに次ぐ

第4の投資先です。そのため、日本企業は、EUの中でも英語圏であるイギリスに拠点を構える企業が多くいます。

例えば、「日産」「トヨタ」「ホンダ」の

3社で年間78万台近い自動車をイギリスで生産し、EU内に出荷しています。

しかし、イギリスがEU脱退となると、このイギリスで生産された自動車に対して、今まで必要としなかった輸出関税が必要となるため、

自動車価格に影響があり、販売にも影響が出てきます。

こうなるとイギリスで自動車を生産する意味が薄れてきますよね。

そのため、機関投資家は、主要銘柄の株式をリスク回避のために売りに転じる可能性が高く、

イギリスを起点に、一気に世界的に株安の方向になる可能性があります。

また、日本円は安全資産と考えられがちなので、「円高方向」になりそうですね。

この大きな2つのテーマで株安となれば、

経済自体が2019年は、縮小傾向になってしまう可能性があります。

我々個人投資家は、まずは、為替Fxであれば売りでエントリーするのを

基本として動くのが、まずは安泰の様ですね。

株式については、これらの主要テーマに関する情報があればまず、暴落すると考えて良いでしょう。

そのため、その暴落後に、買いに走るというのが賢明です。

もし、記事に共感できたら「いいね」や「シェアー」頂けると幸いです🙇‍♂️

Source: 暗号通貨

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。