BitTorrentがTRONベースのトークンを発表

1月3日に発表されたCointelegraphのプレスリリースによると、ピアツーピアのトレントクライアントBitTorrentは、TRONプロトコルに基づいたネイティブトークン、BitTorrent(BTT)を発表した。

プレスリリースによると、トークンをユーザー間で交換してネットワーク速度を最適化し、ダウンロードを高速化することができます。BitTorrentがそのコンテンツ共有エコシステムのトークン化を始めようとする最初の本格的な動き – 伝えられるところによれば1億人を超えるユーザーにサービスを提供 – は、同社が非公開のインターネットスタートアップTRON 買収されてから約6ヶ月後になる

BitTorrent Foundationが発行するBTTトークンは、ネイティブのTRC-10互換性を備えています。つまり、TRONブロックチェーンでサポートされているテクニカルトークン規格に準拠しています。

BTTは、暗号交換Binanceの「Launchpad」プログラムの米国以外のアカウントで独占的に利用可能となり、今月末には「選択的に」空中経由で配信される予定です。

プレスリリースによると、BTTは、暗号通貨を使用して分散型コンテンツ配信プラットフォームを作成するという、より広範な目標の一部です。BitTorrentは、2004年に最初に作成された同社のプロトコルは、現在「世界最大の分散型P2Pネットワークであり、世界中でアップストリームトラフィックの22%、ダウンストリームトラフィックの3%を駆動している」と主張している。

プレスリリースには、BTTトークンがBitTorrentのWindowsベースの「µTorrent Classic」クライアント(同社の最も人気のあるアプリケーション)に最初に実装されることが概説されています。

前述のとおり、TRONとBitTorrentの相互統合のロードマップは、「Project Atlas」と名付けられたイニシアチブとして正式に策定されました。9月に共同計画のより詳細な詳細が初めて明らかになりました。インセンティブ

プレスタイムの時点では、TRON(TRX)は時価総額で10番目に大きい暗号通貨としてランク付けされており、CoinMarketCapのデータによると、1日当たり4.29%増の約0.02ドルで取引されている。

参考資料:https://cointelegraph.com/news/bittorrent-launches-native-tron-based-token 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。