Bitwise Asset Managementは、bitcoin ETFを立ち上げるための規制当局の許可を求める最新のアメリカの金融会社の仕掛け

1 

ビットワイズビットコインETFトラスト

新しいBitcoin ETF用のSECによるビット単位の資産管理ファイル1月10日木曜日、暗号化インデックスファンドのプロバイダーであるBitwise Asset Managementが、新たに物理的に保有されているBTCの上場投資信託を米国証券取引委員会に提出すると発表した。 (ETF)同社は、ETFの提案が以前に提出された提案とは異なることを確信しています。物理的なコインを保持するのは規制された第三者のカストディアンに頼るという点であり、現在検証可能な取引の大部分を表す多数の暗号通貨交換に基づいています。

2018年には、取引エコシステムの品質、価格設定の信頼性、裁定取引機能の強さ、および保管の堅牢性など、SECが暗号化市場について提起した懸念の調査に2018年を費やしたとされています。Bitwiseの為替取引ファンドのグローバル責任者であるJohn Hyland氏は、次のように述べています。「規制された銀行または信託会社にファンドの物的資産を保有させることは、過去80年間、米国のファンド規制の下での標準でした。そして、それは今やビットコインで可能になると信じています。」

ETFは2019年にNYSEアルカで取引されます

新しいBitcoin ETF用のSECによるビット単位の資産管理ファイルBitwiseによると、提案されている上場取引所NYSE Arca、Inc.(NYSE)は、後日決定されるティッカーシンボルの下にBitwise Bitcoin ETFの株式を上場する申請を提出する予定です。会社は、登録声明がSECによって有効と宣言された後にETFがリストアップすることを可能にするために、NYSEが今後数日以内に必要な規則変更を要求するいわゆる規則19b-4要求を提出することを期待する。

ハイランド氏は、「19b-4の申請が許可されるか、SECが登録申告書を検討し、最終的に加速させるという保証はないが、2019年がビットコインETFの発売年であると楽観的だ」と語った。

news.Bitcoin.comが最近報じたように、企業はこれまでSECの承認を得るのに苦労していましたが、ファンドプロバイダーは現在、そのようなETFが2019年に開始されるのに十分な市場流動性があると主張しています。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/bitwise-asset-management-files-with-sec-for-new-bitcoin-etf/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。