ステーブルコインとは?

ステーブルコインとは

「ステーブルコイン」とは安定した価格を持つ仮想通貨だ。これは、ステーブルコインの市場価格が米ドルような別の安定資産に紐づけられている(ペッグされている)ことを意味する。

ボラティリティの高い仮想通貨の欠点

ビットコインとイーサは最も有力な2つの仮想通貨であるが、価格の変動(ボラティリティ)が大きい。仮想通貨に対する投機がボラティリティを高め、それが更に投機を呼び込むという構造が、実世界における長期的な仮想通貨の普及を妨げている。

企業も消費者も、仮想通貨取引に際して不必要な通貨リスクにさらされたくはない。賃金の購買力が常に変動するとしたら、誰もビットコインで給与の支払いを受けたいとは思わないだろう。仮想通貨のボラティリティは、ブロックチェーンに基づくローン、デリバティブ、予測市場、そしてその他の長期的なスマートコントラクトのように、価格の安定性を必要とする取引の妨げともなる。

そしてもちろん、投機を望まないロングテールのユーザーがいる。彼らはただ、地元の銀行システムや通貨管理あるいは崩壊した経済から逃れ、検閲の無い台帳上で資金を保持し、使用することを願っているだけだ。

価格の安定した仮想通貨というアイディアは長い間宙に浮いた状態にあった。仮想通貨による多くのイノベーションやその普及において価格の安定性がボトルネックとなってきたためだ。このような理由から、ステーブルコインを作ることが長い間仮想通貨エコシステムの目標だと考えられてきた。

3つのタイプのステーブルコイン

ステーブルコインには大まかに3つのタイプがある。法定通貨によって担保されたコイン、仮想通貨によって担保されたコイン、そして担保されていないコインだ。

法定通貨によって担保されたステーブルコイン

法定通貨によって担保されたステーブルコインは、米ドルのような実世界の通貨に支えられたコインだ。これはドルを預け、1対1の比率でステーブルコインを発行することで機能する。ユーザーがステーブルコインを米ドルに戻して現金化したい場合、ステーブルコインを戻して破棄し米ドルを引き出す。

この資産は確実に1ドルで取引される。これは米ドルにペッグされているというよりは、単に米ドルをデジタル化したものに過ぎない。このタイプのステーブルコインの例として、テザー(USDT/Tether)とトゥルーUSD(True USD)が挙げられる。これが、人々に大きな便益を与え、その仕組みと実装の理解に役立つもっとも単純なタイプのステーブルコインだ。

USDTイメージ画像

また、各コインに対していつでも清算可能な米ドルが準備されているため価格は100%安定している。そしてもっとも重要なことは、担保はブロックチェーンに保持されておらず、ハッキングに対して脆弱ではないという点だ。

しかし、この安全性と安定性には代償が伴う。法定通貨によって担保されたステーブルコインは、実際のお金を管理するために信頼の置けるカストディアンが必要となるため、本質的に中央集権的だ。もしそのようなカストディアンがいなければ盗難に対して脆弱となる。また、カストディアンをチェックし、十分な準備金が保管されていることを確かめる監査人も必要だ。そのようなカストディアンや監査人を維持する費用は高額なものとなり得る。

最後に、法定通貨によって担保されたステーブルコインは、既存の決済の流れによって強く規制され、その制約を受ける。もしステーブルコインの利用をやめて法的通貨を取り戻したい場合、お金を引き出すか、小切手を郵送しなければならない。これは時間ととてもコストのかかるプロセスだ。

仮想通貨によって担保されたステーブルコイン

法定通貨から離れることでステーブルコインから中央集権制を取り除くことが可能だ。これが仮想通貨によって担保されたステーブルコインというアイディアの出所だ。このようなステーブルコインは、法定通貨に基づくステーブルコインと同様の仕組みで運営されるが、米ドルのような法定通貨ではなく別の仮想通貨による準備金によって担保される。

これによりシステム全体がブロックチェーン上に存在することになり非中央集権性が維持される。Maker DAOによるDaiが、仮想通貨によって担保されたステーブルコインのもっとも有名な例だ。

法定通貨によって担保されたステーブルコインとの大きな違いは担保の比率だ。この比率は担保率と呼ばれている。法定通貨は一般的に安定しているため、各コインに対して1ドルを準備金とする1対1の担保率を使用することができる。しかし、仮想通貨によって担保されたステーブルコインに1対1の担保率を適用すると、このステーブルコインは担保に使用する仮想通貨と同じボラティリティを持つようになり、本来の目的が損なわれてしまう。

そのため、仮想通貨によって担保されたステーブルコインは過剰に担保されることになる。つまり、1ドル相当のステーブルコインに対して、1ドルよりも大きな額の仮想通貨を準備金とする。担保に使用する仮想通貨のボラティリティが大きければ大きいほど、担保率を高くし、たとえ価格が下落しても流通しているすべてのステーブルコインに対して1ドル以上の準備金が残るようにしなければならない。

仮想通貨によって担保されたステーブルコインには多くの利点がある。第一に、完全に非中央集権化されており、ブロックチェーンの本質的な長所の利益を得られる。ステーブルコインは、シンプルなブロックチェーントランザクションによって、迅速かつ安価に担保している仮想通貨に変換することができる。

Daiイメージ画像

システムは全体的に極めて透明で、誰もがいつでもトランザクションの履歴や特定の仮想通貨の担保率、そして準備金の額を確認することができる。法定通貨によって担保されたステーブルコインでは、十分な準備金が銀行に残っているかを確認するための不透明で面倒なプロセスがあることと比べてみてほしい。

しかし、仮想通貨によって担保されたステーブルコインにこのような利点があるとしても、依然としていくつかの課題は残る。仮想通貨のボラティリティを扱わなければならないということは、このようなステーブルコインは法定通貨によって担保されるステーブルコインと同程度の安定性は備えていないということを意味する。つまり、担保となる仮想通貨の価格崩壊に際してこのようなステーブルコインは自動的に清算され、その所有者は担保を失う可能性があるということだ。

このようなボラティリティに対して責任を担うということは、各コインに対して過剰な担保を持つことを意味し、それは結局のところ資本の利用が非効率的であることを意味する。なぜならあなたが担保として預けたドルについて、元のドルの価格よりも少ないパーセンテージでしかステーブルコインを引き出すことができないからだ。仮想通貨によって担保されたステーブルコインの設計はより複雑なため、非常に入り組んだ、時には非直観的な方法に頼ってその安定性を保証せざるを得ない。これにより、適用と実装はより困難になる。

担保されていないステーブルコイン

最後のタイプは、担保されていないステーブルコインだ。その名の通り、このステーブルコインは準備された担保に依存せずに安定性を維持することを狙ったものだ。少し変な印象を受けるかもしれないが、それほどおかしなアイディアではない。

事実、法定通貨は中央銀行が通貨の供給量を管理することによって数十年にわたってこのことを実現してきた。2018年4月3日から毎週実施しているウェビナー「How Money Stays Stable」を視聴することで、このようなステーブルコインを実現する方法とその仕組みの詳細について学ぶことが可能だ。ウェビナーで論じたように、通貨の価値は需要と供給によって決定される。より多くの人が、利用可能な量より多い通貨を欲した場合、その通貨の価格は上昇する。逆もまた同様だ。中央銀行はこの仕組みを利用し、価格が上昇すれば通貨を発行し、下落すれば買い上げて破壊することで価格を安定させる。

担保されていないステーブルコインはこのロジックを中央銀行と同じ機能を果たすスマートコントラクトにコーディングすることで実現しようとしている。このようなスマートコントラクトは、取引所におけるステーブルコインの価格をモニタリングし、価格が上昇したら新しいコインを作成し、下落したらコインを買い上げて破壊する。現在、この分野で最も将来性のあるプロジェクトはBasisコインだ。(:2018年12月13日に解散、投資家に資金を返却)

担保されていないステーブルコインは、その他のすべての通貨から独立している。たとえ米ドルとイーサの価格が崩壊しても、担保されていないステーブルコインは安定した価値の保存手段として生き残ることができる。国家の中央銀行とは異なり、担保されていないステーブルコインは通貨をインフレーションさせたりデフレーションさせたりする不条理なインセンティブは持たない。そのアルゴリズムは価格の安定という1つの義務だけを負っている。これはわくわくするような可能性だ。

もし成功したら、担保されていないステーブルコインは世界を劇的に変えるだろう。しかしもし失敗すれば、ステーブルコインを清算するための担保が存在しないため、もっと酷い壊滅的な状況となり、コインの価値はほぼ確実にゼロとなる。このシステムには他にも本質的な複雑性が存在し、不透明でその分析は困難だ。しかし、最も重要なことは、このようなステーブルコインは、法定通貨とちょうど同じように、安定性と継続的な成長に対する信頼に依存しているという点だ。それにより、仮想通貨に対する信頼が確立されていない現在のような初期段階では採用が非常に難しい。 

参考資料:https://coinchoice.net/what-is-stablecoin-comprehensive-leaning-video/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。