Ripple(リップル)のパートナーSBIはあれに投資!

1 

2018年は、無駄なデジタル資産を貴重な硬貨から切り離した弱気な年であり、人々はそれを市場成熟の年と呼んでいます。

2019年は暗号主流の採用の年であると言われてきました、そしてその年が始まったばかりであってもその方向への動きはすでに起こっています。

例えば、米国のワイオミング州は下院に新しい暗号法導入しました。

計画通りに行けば、ワイオミングはマルタやエストニアのようになり、今日では基本的に暗号の天国となっています。

SBI HoldingsはTangemに1500万ドルを投資

SBI Holdingsは、Rippleと提携した日本の投資大手であり、同社はTangemブロックチェーンのスマートカード財布製造業者に1500万ドルを投資することを決定したようです。

Tangemはスイスを拠点とする企業で、2018年5月にデジタル資産のスマート紙幣を発表しました。

Tangemは、世界初のデジタル資産の物理的表現として知られています。また、オフチェーンの物理トランザクションを使用して暗号化にフィアットのような品質を提供することで、暗号資産およびデジタル資産を運ぶことができます。

メモは、実際のお金と同じように、それを保持している人によって制御されます。物理的なカードを引き渡すことによって、取引は即座に確認されて、どんな煩わしさもなく完了するでしょう。

暗号の大量採用の推進

非常に最初の100万のTangem Notesが昨年循環し始めました、そしてより広範囲のロールアウトが今年ATMと両替所などを通して計画されています。

「非常に安全で手頃な価格のTangemハードウェアウォレットは、デジタル資産とブロックチェーンの大量採用を促進するための重要なツールです。Tangemを活用することで、SBIが提供する他のブロックチェーンサービスへの需要が高まると確信しています。

SBIは2016年に最初にRippleに投資し、両社はSBI Ripple Asiaを所有および運営しています。 

参考資料:https://oracletimes.com/getting-closer-to-mass-adoption-ripples-partner-sbi-is-investing-15-million-in-blockchain-smart-card-wallet-producer/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング


Source: Ripple(リップル)仮想通貨情報局

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。